NEW

キタサンブラック出遅れを挽回した武豊騎手「神騎乗」に絶賛の嵐! 復活の現役最強馬が天皇賞「春秋連覇」達成!

【この記事のキーワード】, ,
キタサンブラック出遅れを挽回した武豊騎手「神騎乗」に絶賛の嵐! 復活の現役最強馬が天皇賞「春秋連覇」達成!の画像1

 現役最強馬が再び、それを証明した。

 29日、東京競馬場で行われた天皇賞・秋(G1)は1番人気のキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が復活の勝利。天皇賞春秋連覇を達成した。

 台風22号の影響で前日から雨が降り続いた東京競馬場は1991年以来、26年ぶりの不良馬場で天皇賞・秋を迎えることとなった。1番人気とはいえ、キタサンブラックの単勝オッズは2.9倍。1.4倍だった宝塚記念での惨敗は、やはり大きな尾を引いていた。

 土砂降りの中のスタートで、いきなり大きなどよめきが上がった。キタサンブラックがやや出負けしたのだ。

 そんな中、戦前の予想通りロードヴァンドールが、外枠から飛ばしてハナを切る展開。サクラアンプルール、リアルスティールといったところは内枠を活かして、すんなりと番手に付けた。そこにミッキーロケット、ネオリアリズム、サトノクラウンといった馬も早めの競馬。スタートでまさかの出遅れを喫したキタサンブラックはその直後、武豊騎手がロスなくインに潜り込んでいた。

 キタサンブラックが出遅れた影響もあって、落ち着いたペースで前半の1000m通過は64.2秒。同日同距離の精進湖特別(1000万下)が65.3秒であったことから、馬場コンディションを考慮してもまずまずのペースといえた。

 1000mを通過したところで、キタサンブラックが内々を回ってスルスルとポジションを上げていく。レース後、武豊騎手が「こういう馬場でもこなしてくれる自信もありました」と語ったように、ライバルが馬場の悪い内を避けて通っていることを逆手に取った見事な”ジャンプアップ”だった。スタートで出遅れたキタサンブラックだったが結局、最後の直線にはいつもの定位置となる2番手で入っている。

キタサンブラック出遅れを挽回した武豊騎手「神騎乗」に絶賛の嵐! 復活の現役最強馬が天皇賞「春秋連覇」達成!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!