NEW

ディープインパクト産駒「英国」支配も近い!? 日本産初の英国G1制覇達成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディープインパクト産駒「英国」支配も近い!? 日本産初の英国G1制覇達成の画像1

 現地時間28日、ディープインパクトを父に持つサクソンウォリアー(牡、2歳)がレーシングポストT(G1/芝・直1600m)を制した。日本産馬の英国G1勝利は今回が初となる。海外で調教されたディープインパクト産駒としては、12年の仏1000ギニーを制したビューティーパーラーに次ぐ2頭目。

 サクソンウォリアーの母はアイルランドのモイグレアスタッドS(G1)などを制したメイビー、母父はガリレオだ。引退したメイビーは日本で繁殖生活をスタート。そして、2015年1月26日にディープインパクトとの仔であるサクソンウォリアーを出産していた。

 15年10月に離乳したサクソンウォリアーは日本から離れてアイルランドへ渡る。成長を遂げ、デビューの時期を迎えた同馬は名門A・オブライエン厩舎入りし、今年の8月に初戦を迎えていた。

 アイルランド、1600mの2歳未勝利戦でデビューしたサクソンウォリアーは、既走馬混合のレースを快勝。その後、9月にはアイルランドG2のベレスフォードステークスにも勝利して2連勝を飾ると、満を持して英国G1へと臨んでいた。

 レーシングポストTでサクソンウォリアーに騎乗したのは、世界的騎手であるR.ムーア騎手。ムーア騎手は、同レースでは来年の英ダービー馬候補との評もあるザペンタゴンへも騎乗することができた。だが、彼はあえてサクソンウォリアーを選択したという。レース前には「本当に素晴らしい」と手放しで同馬を褒めたムーア騎手は、「彼にワクワクする未来があることを願っている」と今後に期待を寄せていた。

ディープインパクト産駒「英国」支配も近い!? 日本産初の英国G1制覇達成のページです。GJは、競馬、サクソンウォリアーディープインパクト英国G1の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!