NEW

【アルゼンチン共和国杯(G2)展望】スワーヴリチャードがM.デムーロと共に復活! ジャパンC・有馬記念を占う重要な一戦!!

【アルゼンチン共和国杯(G2)展望】スワーヴリチャードがM.デムーロと共に復活! ジャパンC・有馬記念を占う重要な一戦!!の画像1スワーヴリチャード(競馬つらつらより)

 G1の谷間週に開催されるアルゼンチン共和国杯(G2)。通常G1馬の参戦がないという事もあり「地味」な印象を持たれがちなレースだ。

 しかし、過去には2015年の有馬記念(G1)覇者ゴールドアクターや、08年のジャパンC(G1)を制したスクリーンヒーローなどG1馬を4頭も輩出。先に控えているジャパンCと有馬記念だけではなく、今後の中長距離戦線を占う意味でも見逃せないレースである。

 熱視線を浴びているのは、今年の日本ダービー(G1)2着馬スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)だ。先週も天皇賞で2着を確保するなど、絶好調のM.デムーロ騎手との新コンビで始動する。

 2番人気に推された皐月賞で6着に敗れてしまったが、東京開催の重賞では共同通信杯優勝を含む3戦3連対とコース適性は抜群。ココでの好走は十分に期待できる。「古馬相手にどこまでやれるのか」との声もあるが、パワフルな末脚を存分に発揮できる東京であれば勝ち負けは濃厚だろう。

 日本ダービーへ「-12キロ」の究極仕上げで臨んだ反動は大きく、調整が遅れてしまった点は不安要素である。しかし、稽古ではCWコースで6F84秒0-11秒7の好タイムをマーク。陣営も納得の表情を浮かべているように、力を出せる状態にあるという印象だ。あらゆる面に不安要素の感じられないココは、大きな期待が掛かるところ。春のクラシックを彩った有力馬が、意地を見せられるかに注目だ。

 昨年の同レースで、勝ち馬シュヴァルグランを1/2馬身差まで追い詰めたアルバート(牡6美浦 ・堀宣行厩舎)も主役候補の1頭。2400M以上の距離では11戦して掲示板を8回(5勝を含む)確保するなど、安定した成績を残している点は高く評価できる。

 今年2月にダイヤモンドS(G3)制覇、過去にステイヤーズS(G2)連覇の実績を持つが、キャリア8勝はすべて8月以降に挙げている本馬。今回も得意の時期に目標を定め、入念に調整してきたと言えそうだ。2戦連続で馬券圏内を逃しているが、ココでの変わり身は十分に期待できる。ハンデはかなり見込まれるが、実績面を考えればココは負けられない1戦。

【アルゼンチン共和国杯(G2)展望】スワーヴリチャードがM.デムーロと共に復活! ジャパンC・有馬記念を占う重要な一戦!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」