NEW

パチスロ「出玉規制」むしろ大歓迎!? 一撃「4万円分」ゲット率「70%OVER」で絶望感を跳ね返す!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「出玉規制」むしろ大歓迎!? 一撃「4万円分」ゲット率「70%OVER」で絶望感を跳ね返す!?の画像1

 パチスロは10月から「5.9号機」のみの販売がスタート。また、来月から人気シリーズの後継機『戦国コレクション3』『ゴットイーター2』など続々と新台導入が予定されているも、ユーザーからは悲観的な声が多い。

 それもそのはず。5.9号機から出玉性能が一撃「3000枚」突破でARTが強制終了してしまうからだ。正確には指示機能(押し順ナビ)が開始された時点から「最大1500G」で終了となるため、ボーナス搭載機種であればその引き次第では「3000枚達成前」に終了となる場合もある。

 また現状登場予定の機種は、ハマりG数保証である「天井機能」が搭載されている機種が見受けられず、これらの規制仕様にファンからは「夢も希望もない」「誰も打たない」と絶望的な意見が多く寄せられている。

 そんな身も蓋もない仕様と言われる5.9号機だが、”救世主”とも呼べる耳寄りな情報を業界専門サイト「WEB GreenBelt」が報じた。

 記事によれば、現在稼働している「5.5号機よりも勝っている」部分があるとのこと。それは”一撃性”5.9号機は上記の出玉制限があるものの、一撃でその日の最大差枚数(MY)2000枚を超える確率が5.5号機より優れていると紹介されているのだ。

 その理由として、現在まで多くの機種に搭載されていた”一撃性”を薄めた点が挙げられるという。現行機種で一撃性を秘めている代表例を挙げれば「ミリオンゴッド」シリーズだろう。1/8192という絶妙な確率である「GOD揃い」、その期待獲得枚数が「2000枚以上」となっている機種だ。このような一撃性能が5.9号機では少なくなり、その分「2000枚前後」の出玉達成率が高くなっているとのこと。

 そんな5.9号機の中で、最も尖った仕様と予想される機種が12月販売予定の『パチスロ BLACK LAGOON3』である。なんとMY2000枚突破率が脅威の「70%超」と伝えられ、出玉規制の限界を攻めた荒々しいスペックといえるだろう。

パチスロ「出玉規制」むしろ大歓迎!? 一撃「4万円分」ゲット率「70%OVER」で絶望感を跳ね返す!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!