NEW

【みやこS(G3)展望】怪物エピカリス復活を確信!? 入手した「現場情報」に関係者は太鼓判!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【みやこS(G3)展望】怪物エピカリス復活を確信!? 入手した「現場情報」に関係者は太鼓判!の画像1※画像:エピカリス『競馬つらつら』より

 1着馬にチャンピオンズC(G1)の優先出走権が与えられるみやこS(G3)

 それだけではなく、昨年の勝ち馬アポロケンタッキーは年末の東京大賞典(G1)を制覇。2012年の2着馬ニホンピロアワーズが、同年のジャパンCダート(現チャンピオンズC)を制するなど、後のダート戦線へも大きな影響を与えるレースと言えそうだ。

 注目したいのは、10年に一頭の逸材と称される”怪物”エピカリス(牡3歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

 デビュー以降、常に1番人気に推されるも危なげない走りで完勝。無傷の4連勝という戦績を引っ提げ、UAEダービー(G2)へ出走した同馬。惜しくもアタマ差の2着に敗れてしまったが、地元UAEの実力馬と互角に渡り合った走りは素質の高さを感じさせるもの。その力が、世界レベルにあることを証明する内容だった。

 レース直前に右前脚のハ行を発症したことで、米国3冠への挑戦は白紙になってしまった。しかし、同馬の力であれば夢の実現は十分に可能だったとも言えるだろう。日本のダート界を牽引する存在だと誰もが確信したはずだ。

 そんな実力がありながらも前走の3歳馬限定のダート重賞レパードS(G3)は、人気に応えられず3着に敗れてしまう。しかし、その敗因としてアメリカ帰りの休み明け初戦と経験の浅い3歳馬には厳しいローテーション、直線で前が詰まったアクシデントが挙げられるのは明白だ。そのような条件でも、3着を確保した点は評価できる。陣営もココでの巻き返しに期待しているようだ。

「陣営は『悪いデキではない』と考えていたようですが、レースが終わって『ドバイの疲れが残っているのかも』と感じたようです。『今回で分かるでしょう』と不安は感じていない印象ですね。1週前追い切りの動きも良かったですが、仕上がりに納得しているようで『ココは勝負』と強気なコメントも飛び出していました」(現場記者)

 今回は初の古馬との対決。その点を不安視する声もあるが、本来の力を発揮できる状態であれば主役候補筆頭であることは間違いない。名コンビC.ルメール騎手と臨むココでの復活に期待が高まる。

【みやこS(G3)展望】怪物エピカリス復活を確信!? 入手した「現場情報」に関係者は太鼓判!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!