NEW

JRAの名門・松田国英厩舎が重賞勝ち「0」に「1月以降・出走ナシ」の衝撃。 助手が「未成年買春」で逮捕されるなど、低迷に歯止め掛からず……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 どうやらオーナーサイドとローテーションについての意見の食い違いがあったとウワサされているが、その結果、松田国厩舎には重賞で勝ち負けできる馬が不在に……それが、今年の重賞勝ち「0」、「1月以降、平地重賞出走なし」という名門が見る影もない状況に陥った”最後の引き金”となったようだ。

 ただ、希望もある。

 先月28日に京都競馬場で行われた2歳オープン萩Sを管理馬のタイムフライヤーが4馬身差で圧勝。順調に行けば、次は重賞に挑戦することが確実視されている素質馬だ。また、未勝利戦を勝ち上がったマイスターシャーレも、来年のクラシックを狙える器と評されている。

 果たして、松田国厩舎はかつての輝きを取り戻せるだろうか。来年の春のクラシックでは、師がパイオニアとなった皐月賞→NHKマイルC→日本ダービーという変則三冠、変則二冠に挑む名馬が再び現れることに期待したい。

JRAの名門・松田国英厩舎が重賞勝ち「0」に「1月以降・出走ナシ」の衝撃。 助手が「未成年買春」で逮捕されるなど、低迷に歯止め掛からず……のページです。GJは、コラム、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!