Business Journal > GJ > 競馬 > JBCアウォーディー  > 2ページ目
NEW

JBCクラシック(G1)アウォーディー「逆噴射」は天才武豊が止める!? キタサンブラックに続くG1連勝へ「悪癖」克服が課題

【この記事のキーワード】

, ,


 武豊騎手が後に「逆噴射」と称するほどの急ブレーキ。抜け出してからソラを使うのが、類稀なる能力を持つアウォーディーにとって、最大の課題として浮き彫りとなった。

 そこから東京大賞典でまた2着。この春は世界の頂上決戦ドバイワールドC(G1)にも挑戦して5着と、改めて非凡なパフォーマンスを発揮したが、国内復帰戦となった前走の帝王賞(G1)では3着に敗れている。

 ただし、この帝王賞では1度も先頭立っていないことから、ソラを使って敗れたわけではない。

 レース後、武豊騎手が「レースは上手く運べましたが、意外なほど伸びませんでした。去年の暮れあたりから、気の難しい所が出ているのかレースに集中し切れていない様で、今日はゲートの中で鳴いていました」とコメントしたように、ゴール前のソラだけでなく、全体的な気性面で課題が出始めているようだ。

 ただその一方で、国内復帰初戦ということもあって「状態面が本物でなかった」という見向きもある。

 その点、今回は順調な調整が進められており、管理する松永幹夫調教師が「春とは全く違う」と言えば、丸内助手も「久々にいい状態に戻った」と状態面では太鼓判を押している。国内のダート戦では未だ3着以下が一度もなく、能力が抜けているのは明らか。状態が良ければ上位争いは必至だが、問題は”悪癖”を克服して勝ち切れるかに尽きるだろう。

 待望の復活勝利へカギを握るのは、やはり武豊騎手の手腕か。

JBCクラシック(G1)アウォーディー「逆噴射」は天才武豊が止める!? キタサンブラックに続くG1連勝へ「悪癖」克服が課題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!