NEW

後藤浩輝自殺に北村宏司トラブル……キタサンブラック武豊コンビの影に、走りと真逆「不安定鞍上」騒動があった

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤浩輝自殺に北村宏司トラブル......キタサンブラック武豊コンビの影に、走りと真逆「不安定鞍上」騒動があったの画像1

 先日の天皇賞・秋(G1)を、圧巻の強さで制したキタサンブラック(牡5 栗東・清水厩舎)。その強さはもはや歴史的名馬の領域に入ったといえるだろう。

 また、不良馬場での開催の中でもとりわけ荒れたインコースを選択し、出遅れをものともしない「ワープ」を導いた武豊騎手の手腕を語らないわけにはいかないだろう。これまでの逃げの見事さも考えれば、彼の存在なくしてキタサンブラックの飛躍はなかったといえる。

 ただ、もう多くの人がお忘れかもしれないが、キタサンブラックのデビュー戦に騎乗していたのは、今は亡き後藤浩輝騎手だった。

 デビュー戦では中団からの差し切り勝ちと、今回の天皇賞のようなレースで初白星を得た同馬。このままいけば、2戦目も後藤騎手が手綱をとっていた可能性も十分にあっただろう。

 しかし、その勝利から約1カ月後に後藤騎手は自ら命を絶ってしまう。競馬界のみならず衝撃と悲しみが広がった出来事だった。その後、手綱は同じく関東の北村宏司騎手に移ることとなる。

 そこから連勝でスプリングSを制したキタサンブラックと北村騎手だったが、北村騎手が皐月賞を前に騎乗停止。結局本番は浜中俊騎手が騎乗し3着。ドゥラメンテの「音速の末脚」が炸裂したレースだけに勝つのは厳しかっただろうが、順調に北村騎手が乗っていればどうだったのか……。

後藤浩輝自殺に北村宏司トラブル……キタサンブラック武豊コンビの影に、走りと真逆「不安定鞍上」騒動があったのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!