NEW

武豊「投げキッス」の相手判明で涙を流すファン続出!? エアスピネルの影に「アノ名馬」の記憶

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「投げキッス」の相手判明で涙を流すファン続出!? エアスピネルの影に「アノ名馬」の記憶の画像1

 先日開催された富士ステークス(G3)で人気に応えたエアスピネル(牡4 栗東・笹田厩舎)。勝ちタイムは1分34秒8、後続に2馬身差を付ける圧勝劇で重賞V3を達成。マイルCS(G1)へ王手をかけた。

「完勝でした。次に向けて良いレースが出来ました」と、鞍上を努めた武豊騎手も大満足した様子。レース後にはガッツポーズだけではなく「投げキッス」をスタンドに送り大きな話題となっている。

 その行動が歓喜によるものだと、多くのファンは思っていたようだが……。その「お相手が」判明したとの情報を入手した。

「どうやらお相手は、オーナーの娘さんだったという話が出ています。娘さんの誕生日だったようで、それを祝うためだったと言われていますね。確かに、武さんと馬主のラッキーフィールドとの信頼関係は深いですから。

 NO.1牝馬の呼び声高いエアグルーヴや、クラシック2冠エアシャカールなど……。ファンの思い出に残る名場面をたくさん見せてくれました。本当に感謝しているからこそ出た行動なのかもしれません。今後も良好な関係を築いていって欲しいですね」(記者)

 武豊の歴史を語る上で「牡牝の枠を超越」した、エアグルーヴの存在を無視することはできない。

『何万頭もの競走馬を見てきたけれども、この出会いだけは生涯忘れることはできないだろう。ただ、残念なことに、生まれたばかりのエアグルーヴの眼と、私の眼があった一瞬を説明するだけの言葉を私は知らない。「衝撃」「感動」……とにかく「凄い」のひと言だった。調教師としての感性が、とてつもないエネルギーで突き上げられた瞬間と言っていいだろう』

 これは同馬を管理していた伊藤雄二師が、「戴冠 エアグルーヴ写真集」(イースト・プレス)に寄せた文章である。数々の名馬を送り出してきた名調教師は、1993年4月6日に「偉大な競走馬」の誕生を予感したのだ。

武豊「投げキッス」の相手判明で涙を流すファン続出!? エアスピネルの影に「アノ名馬」の記憶のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事