NEW

サトノダイヤモンド有馬記念出否の鍵を握る「キタサンブラックと同じ」重大疑惑を入手……「最後の戦い」の行方は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サトノダイヤモンド有馬記念出否の鍵を握る「キタサンブラックと同じ」重大疑惑を入手......「最後の戦い」の行方はの画像1サトノダイヤモンド(競馬つらつらより)

 今年フランス遠征を敢行し、フォワ賞4着、凱旋門賞15着に敗れたサトノダイヤモンド(牡4 栗東・池江厩舎)の今後の予定が発表された。

「まだ疲れが残っている」として「年内休養」の可能性もあるが、年末の有馬記念に出走も検討しているとのこと。昨年3歳にして制した年の瀬の大舞台で国内戦列復帰もあるようだ。可能性が取りざたされていた香港ヴァーズには出走しない意志を示している。

 昨年の菊花賞、有馬記念を制した際には「世代最強」はもとより、キタサンブラックと並び称される「現役最強馬」として君臨した同馬。しかし、今年は年明け初戦の阪神大賞典を制したのみ、天皇賞・春はキタサンブラックに完敗、その後のフランス遠征では成すすべなく敗れた。今やキタサンブラックの隣には、同オーナー所有馬で宝塚記念1着、天皇賞・秋で激闘の末に2着したサトノクラウンが鎮座している状況だ。

 とはいえ、この馬も国内戦では馬券を外したことのない猛者。フランス遠征では初の海外競馬という環境や重い馬場に非常に苦しめられた点が敗因として挙げられている。

 ただ、どうしても、あまりにもあんまりな惨敗劇の印象は拭えない。前哨戦、本番ともにひとつとして見せ場はなかった衝撃は大きく、帯同馬であったサトノノブレスにも何とか先着という有様だった。ファンの間でもそもそもの状態の悪化を懸念する意見も多く「休養の可能性のほうが高そう」という声が後を絶たない。

 入手した情報によれば、そんなファンの懸念は決して的外れではないようで……。

サトノダイヤモンド有馬記念出否の鍵を握る「キタサンブラックと同じ」重大疑惑を入手……「最後の戦い」の行方はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!