NEW

JRA新CMに「我慢の限界」と酷評集中!? まったく"成長しない"松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥の「演出」にウンザリ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA新CMに「我慢の限界」と酷評集中!? まったく成長しない松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥の「演出」にウンザリ?の画像1

 ついに「我慢の限界」が訪れたのかもしれない......。

 12日に開催されるエリザベス女王杯(G1)で、シリーズ13作目を迎えたJRA(日本中央競馬会)による『2017年版CM』。

「HOT HOLIDAYS!」というテーマの元、2月のフェブラリーS(G1)から始まったシリーズは、木村カエラの新曲『HOLIDAYS』をイメージ曲に松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥という競馬初心者の4人が競馬を明るくポップに楽しむというものだ。

 有村架純、瑛太、笑福亭鶴瓶という豪華キャストが共演した昨年度のCMが、競馬と関係のない場所や話題ばかりで、競馬ファンから軒並み酷評を受けたとあって前評判は決して高くなかった。だが、今シリーズは1作目から競馬場が舞台であったことなどから、まずは上々のスタートを切った。

 1作目のタイトルが『何も知らない』で始まったこともあり、年間CMの内容は競馬初心者の4人が、競馬の様々な部分にふれながら「成長」していく姿をイメージさせた。2作目では馬がパドックを周回しているのをレースだと勘違いするなど、やや過剰な初心者が演出されていたが、始まったばかりとあって「まだまだ、これから学んでいけば」という温かい目もあった。

 それが4月の大阪杯。あれから約半年が経った今回のCMだが、ネット上の一部のファンからは「いい加減にウザイ」と酷評されている。

JRA新CMに「我慢の限界」と酷評集中!? まったく"成長しない"松坂桃李、高畑充希、土屋太鳳、柳楽優弥の「演出」にウンザリ?のページです。GJは、競馬、CMJRA松坂桃李の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!