NEW

【武蔵野S(G3)展望】高配当の匂いプンプンの豪華メンバー! 混戦必至「スーパーG3」攻略の「キーマン」は!?

【この記事のキーワード】, ,
【武蔵野S(G3)展望】高配当の匂いプンプンの豪華メンバー! 混戦必至「スーパーG3」攻略の「キーマン」は!?の画像1

 1着にチャンピオンズC(G1)への優先出走権が与えられる【武蔵野S(G3)】。昨年はフェブラリーS(G1)の覇者モーニン(牡5、栗東・石坂正厩舎)が敗れ、3連単は15万馬券決着。2010年は40万馬券、2009年には60万馬券が飛び出しているように混戦必至のレースだ。

 果たして今年も「大波乱」が巻き起こるのだろうか。様々な意味で目の離せないレースとなりそうである。

 まず注目したいのは、充実期を迎えた印象のあるカフジテイク(牡5歳、栗東・湯窪幸雄厩舎)。

 昨年のチャンピオンズCでは11番人気ながら、怒涛の追い込みで4着と大健闘を見せ注目を集めた同馬。今年の根岸S(G3)では持ち味の鋭い末脚を爆発させ重賞初制覇を果たした。

 フェブラリーS(G1)でも強豪を押し退けての3着。その後も果敢にドバイに遠征しゴドルフィンマイル(G2)で5着、プロキオンS(G3)2着、マイルチャンピオンシップ南部杯(G1)4着と好成績を残し続けている同馬。能力的にはダート界においてトップクラスであることは間違いない。

 勝ちきれない競馬が続いているとも言えるが、その末脚は紛れもない一級品。重賞勝利を収めている東京コースはプラス材料だ。昨年の武蔵野Sでも3着と好走しているように、長い直線は同馬の能力を存分に発揮できそうな気配。充実期を迎えた実力馬が、虎視眈々と2つ目の重賞タイトル獲得を狙う。

【武蔵野S(G3)展望】高配当の匂いプンプンの豪華メンバー! 混戦必至「スーパーG3」攻略の「キーマン」は!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  8. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 元JRA藤田伸二氏「幸四郎も凄かった」初重賞初勝利で思い出した25年前、武豊“全弟”による史上唯一の快挙とは