NEW

武豊「騎乗取りやめ」の裏事情に迫る!? 不倫発覚前日の”緊急回避”に「タイミング良すぎ」の声も……

【この記事のキーワード】

, ,

武豊「騎乗取りやめ」の裏事情に迫る!? 不倫発覚前日の緊急回避に「タイミング良すぎ」の声も......の画像1

「でも、一言だけ。そもそも降着制度って、今回のケースのような1対1の有利不利を救済するためのものではなかったのでしょうか」

 3日に大井競馬場で開催されたJBCレディスクラシック(G1)の審議について、そう疑問を呈した武豊騎手。レースのパトロールビデオを振り返っても、なんとも後味の悪い決着だった。それだけに当初は、競馬界のレジェンドによる審議制度の問題点に対する指摘へ、同意する競馬ファンも多かった。

 だが、そのすべてを台無しにしてしまったのが、今回「フライデー」(講談社)が報じた不倫疑惑だ。

 確かにJBCレディスクラシックの最後の直線では勝ったララベルが大きく内側に斜行しており、武豊騎手のプリンシアコメータが体勢を立て直すことに専念しなければ、大きな事故に繋がっていた可能性がある。実際にララベルの真島大輔騎手には2日間の騎乗停止処分が下っており、降着があってもおかしくはなかった。武豊騎手が自身の公式サイトで珍しく怒りを露にしたのももっともだ。

 しかし、そんな競馬界の問題点を慮る騎手会長の姿も、プライベートが隙だらけでは締まりがない。

 突如持ち上がったタレント・小浦愛との不倫疑惑で、すっかりカリスマ性を失った武豊騎手。「今回のケースのような1対1の有利不利を救済するためのものではなかったのでしょうか」という発言は、逆にファンから「この1対1というのは、武騎手と量子夫人のことでしょうか?だとしたら、確かに救済が必要ですね」などと、痛烈なツッコミが入る始末である。

「武豊騎手の公式サイトでいえば、8日のJBCレディスクラシックの内容も珍しく文面が怒っていましたが、それ以上に”異例”だったのは9日の内容ですね。もちろん『【ご報告】今週末の騎乗を自重する決断をいたしました』と銘打ったように、内容は緊急を要するもの。ですが、武騎手が2日連続で公式サイトを更新するのは、そうあることではありません。

武豊「騎乗取りやめ」の裏事情に迫る!? 不倫発覚前日の”緊急回避”に「タイミング良すぎ」の声も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!