NEW

JRA和田竜二のモズカッチャン称えた「男気」に絶賛の嵐! テイエムオペラオー以来9度目のG1・2着に「意味深ツイート」が示すもの

【この記事のキーワード】, ,
和田竜二のモズカッチャン称えた「男気」に絶賛の嵐! テイエムオペラオー以来9度目のG1・2着に「意味深ツイート」が示すものの画像1

「おめでとう!」

 12日に京都競馬場で行われたエリザベス女王杯(G1)。勝ったモズカッチャン(牝3歳、栗東・鮫島一歩厩舎)の鞍上・M.デムーロ騎手へ健闘を称える握手を求めたのは、クビ差で2着に敗れたクロコスミアの鞍上・和田竜二騎手だった。

 悔しくないはずがなかった。和田騎手にとっては2001年の天皇賞・春以来のJRA・G1制覇が目と鼻の先に迫ったところ、最後の最後で”最も負けたくない”であろう相手に競り負けた。モズカッチャンは、この春まで自分が主戦騎手として手綱を握っていた馬だ。

「ソウルスターリングは負かしたい」

 この夏、オークスを2着で終えた和田騎手は大井競馬場で開催されたトークショーで、堂々と世代の女王に宣戦布告した。「モズカッチャンなら……」そんな思いがあったからこそ出た、いつになく強気な言葉だった。しかし、その数日後、モズカッチャン陣営は秋をデムーロ騎手と共に戦うことを発表。異例の乗り替わりに、競馬メディアやファンからは大きな反響が聞かれた。

「自分にも意地がありますから」

 そう誓ってラビットランと共に挑んだ秋初戦のローズS。和田騎手にとっては、初めてモズカッチャンを敵に回すこととなったが、見事”リベンジ”を達成。上がり馬の相棒に重賞初勝利をプレゼントすると、秋華賞の切符を掴み取った。

JRA和田竜二のモズカッチャン称えた「男気」に絶賛の嵐! テイエムオペラオー以来9度目のG1・2着に「意味深ツイート」が示すもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  4. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  5. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  6. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  7. JRA川田将雅「オウンゴール」が呼んだ皮肉な結末、母馬への想いも明暗…復活のC.ルメール「来週イクイノックスで頑張ります」
  8. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  9. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  10. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇