NEW

M.デムーロ「レッドファルクス降板」の裏事情入手……「義」を重んじるイタリアンが弟に「スプリント王」を託したワケとレースの行方

【この記事のキーワード】, ,
1114redfarukusu_01.jpg※画像:レッドファルクス 『競馬つらつら』より

 19日に開催されるマイルCS(G1)。武豊騎手が騎乗予定のエアスピネルが1番人気で出走することになりそうだが、その対抗馬の1頭として名をあげられているのが、レッドファルクス(牡6歳、美浦・尾関知人厩舎)だ。

 昨年までは一介のダート短距離馬に過ぎなかったレッドファルクスだが、CBC賞(G3)で重賞初制覇したことをきっかけに覚醒。スプリンターズS(G1)を2年連続で制覇するなど、スプリント界の頂点に君臨している。

 今年の春は京王杯SC(G2)の1400mで難なく勝利を収め、続くマイルの安田記念(G1)では3着と、距離の幅も見せた。これまでの戦績も安定しており、「馬券圏内には入る」と判断するファンは多いだろう。

 実績は十分。陣営も「力は出せる仕上がりだ」と胸を張っているようだ。馬は制覇に向けて準備万端のようだが、問題はその鞍上だ。今回はこれまで主戦だったM.デムーロ騎手ではなく、その弟のC.デムーロ騎手が鞍上を務める予定となっている。

 これまでレッドファルクスはM.デムーロ騎手とタッグを組んだ国内のレースでは、[4.0.2.0]とバツグンの安定感を誇っていた。今回も鞍上を務めると見られていたのだが……。この突然の乗り替わりには、M.デムーロ騎手が騎乗予定のペルシアンナイトが関係しているといわれている。

「どうやらM.デムーロ騎手が、ペルシアンナイト陣営にマイル路線を勧めてしまったため、『引っ込みがつかなくなってしまったようだ』と現場では話されています。自分で自分の発言の責任を取ろうとしているだけで、レッドファルクスよりもペルシアンナイトに分があると見ているわけでもなさそうなのですが……」(現場記者)

M.デムーロ「レッドファルクス降板」の裏事情入手……「義」を重んじるイタリアンが弟に「スプリント王」を託したワケとレースの行方のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  6. JRA M.デムーロ「後出しコメント」に田中将大もがっくり!? 地方の雄・カジノフォンテン敗因は連携ミス? まるで新馬戦のような内容に疑問の声
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  9. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  10. JRA阪神JF(G1)「勝率75%」ソダシ育てた名伯楽が勝負気配、「ドゥラメンテの牝馬は走らない」噂もついにストップか