NEW

ワグネリアン福永祐一に「乗り替わり」の要望!? 東京スポーツ杯2歳S(G3)で3連勝を目指す理論派騎手「最大の欠点」とは

【この記事のキーワード】

, ,


「兄モーリスの手綱も執った世界No.1騎手のR.ムーアが騎乗することで、さらに人気を増しているルーカスですが、肝心のムーア騎手がまだエンジンが掛かり切っていない様子。

来日初週となった先週は6度の1番人気を含む11鞍に騎乗しましたが、上げたのは1勝のみ。エリザベス女王杯のルージュバックも、良いところなく惨敗しました。その腕は誰もが認めるところですが、まだ全幅の信頼は置かない方が無難でしょうね」(競馬ライター)

 ワグネリアンの福永騎手にとっては、仮に最大のライバルがレース中にモロさを露呈すれば、一気にチャンスが広がるようにも思える。しかし、見方を変えれば、それは自他ともに認める理詰めの男にとって「イメージ通りではない」事態が起きているということにもなるのだ。

 無論、直線が長く広い東京コースで、かつ小頭数だけに紛れは起きにくい。しかし、わずかコンマ数秒の不利や、仕掛けの遅れが致命傷となってしまうのが競馬だ。

 前走の野路菊Sでは2着馬ディロスを相手に絞った見事な競馬だったが、イメージの精度が高まれば高まるほど、想定外のことが起こった対処は得てして難しくなる。今回も福永騎手は相手を絞っている可能性が高く、ワグネリアンの重賞初制覇の鍵を握るのは、案外ライバル・ルーカスの走りになるのかもしれない。

ワグネリアン福永祐一に「乗り替わり」の要望!? 東京スポーツ杯2歳S(G3)で3連勝を目指す理論派騎手「最大の欠点」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!