NEW

ついに来たイスラボニータの時代?「最高の○○」に陣営も「マイル王」奪取を確信!?

【この記事のキーワード】, ,

 13年の皐月賞馬ロゴタイプも、古馬になってからは一気に成績が下降。3年以上も勝ち星を挙げられないなど、イスラボニータと似たような競馬生活を送っていた。

 しかし、2016年の安田記念(G1)でロゴタイプは輝きを取り戻す。思い切った逃げ切りを図り、国内外でG1を6勝した「2階級アジア制覇馬」モーリスを撃破。3つ目のG1タイトルを掴むことに成功した。

 同系キャラの復活劇は、イスラボニータに大きな衝撃を与えただろう。陣営には「燃えるもの」が生まれたのではないか。

 そんなロゴタイプも怪我には勝てずターフを去った。残されたイスラボニータが「ロゴタイプの分まで……」と考えているとは思えないが、陣営がロゴタイプにも負けない「復活劇」を狙っていることは間違いないだろう。

 マイル戦は不利があった今春の安田記念まで、掲示板を外したことがなかった堅実派。万全な状態で臨めそうなココで名脇役を卒業し、主役に返り咲けるかに注目だ。

ついに来たイスラボニータの時代?「最高の○○」に陣営も「マイル王」奪取を確信!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合