NEW

ジャパンC(G1)キタサンブラック「死闘」のダメージは? 1週間前追い切りでは天皇賞・秋を戦った「アノ馬」の状態面に一抹の不安……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンC(G1)キタサンブラック「死闘」のダメージは? 1週間前追い切りでは天皇賞・秋を戦った「アノ馬」の状態面に一抹の不安......の画像1

 26日に東京競馬場で開催されるジャパンC(G1)に向けた1週間前追い切りが15日に行われ、キタサンブラックなどが順調な動きを見せた。

 引退まで、あと2走。前走で天皇賞の春秋連覇を果たし、再び現役最強馬の座を確固たるものにしたキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が、栗東のCウッドコースで1週前追い切りを行った。

 年下の馬を2頭引き連れての3頭併せ。5馬身ほどの”ハンデ”を与えてやり、最後はしっかりと先着を果たして貫禄を見せつけた。前走の天皇賞・秋は歴史的な重馬場での死闘となったが6ハロン81.1秒、ラスト12.3秒の動きに大きなダメージは感じられない。本馬の調教役となる黒岩悠騎手も「疲れは感じない」と、その回復ぶりを強調している。

 馬の方が順調となると、気になるのは”人”の方か。調教中の落馬負傷により先週の騎乗を見合わせた主戦の武豊騎手だが、今週は日曜日の2鞍だけに騎乗する予定。本格的な復帰は来週以降となる。まずは今週末に万全を強調しておきたいところだろう。

 そんな現役王者に胸を借りる今年のダービー馬レイデオロ(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)も、美浦のウッドコースで精力的な3頭併せ馬を敢行した。

 終始馬なりで楽な手応えだったが、5ハロンを69.1秒、ラスト12.9秒で併入。騎乗したC.ルメール騎手は「パーフェクト」とその動きを絶賛。キタサンブラックの強さを認めながらも「この馬の限界はまだわからない」と改めて挑戦状を叩きつけた。5日のアルゼンチン共和国杯(G2)では、ダービーで接戦を演じたスワーヴリチャードが古馬を相手に完勝。3歳牡馬の総大将として、新たな時代の幕開けを告げるか。

ジャパンC(G1)キタサンブラック「死闘」のダメージは? 1週間前追い切りでは天皇賞・秋を戦った「アノ馬」の状態面に一抹の不安……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!