NEW

『エヴァンゲリオン』沖スロ進出も「手抜き説」? 「暴走!?」「400×30パイ」期待は膨らむが……

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『エヴァンゲリオン』沖スロ進出も「手抜き説」? 「暴走!?」「400×30パイ」期待は膨らむが......の画像1

 ついに5.9号機時代へ突入したパチスロ業界。今後も『戦国コレクション3』 (KPE)、『BLACK LAGOON3』(七匠)といった話題作が続々と登場予定となっている。

 そんな5.9号機の中で熱視線を浴びている機種が存在する。それはビッグコンテンツ『エヴァンゲリオン』だ。最新作は、まさかの30パイ。「沖スロ」として登場する『EVANGELION 30パイMODEL』(フィールズ)がユーザーの間で大きな話題になっている。

「5.9号機に関しては、出玉規制の影響が少ないノーマル機への需要が高まると予想されていました。やはりART機が受ける影響は大きいですからね。各メーカーもノーマル機の投入を考えていると言われていましたが……『エヴァンゲリオン』を沖スロで出すとは考えませんでした。人気コンテンツを、初心者でも遊びやすいゲーム性で登場させる。面白い狙いだと思いますね。

 ハイビスカス点灯などボーナス成立が分かりやすいという長所が、『エヴァンゲリオン』と融合することに期待する声が目立ちます。沖スロと言えば完全先告知の機種が主体となっていることが大きな特徴ですが、完全告知のノーマルタイプは老若男女から支持されていますからね。安定した稼働も見込めるのではないでしょうか」(パチスロライター)

 公式ページでは『EVANGELION 30パイMODEL』のショートPVが公開中。「素直に打ってみたい」「沖スロ進出か。楽しみだな」という好反応が目立つ。確かに沖スロの特徴である「初心者にも分かりやすいゲーム性」によって、これまでの『エヴァンゲリオン』にはなかった楽しみが生まれる可能性は高いだろう。

『エヴァンゲリオン』沖スロ進出も「手抜き説」? 「暴走!?」「400×30パイ」期待は膨らむが……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!