NEW

紅白「珍事件」の前触れか!? 過去に「酒びたり」「全裸事件」……「伝説ロックバンド」出場で「アクシデント」再来?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紅白「珍事件」の前触れか!? 過去に「酒びたり」「全裸事件」......「伝説ロックバンド」出場で「アクシデント」再来?の画像1

 今月16日、毎年恒例の大型音楽番組『NHK紅白歌合戦』の出場者が発表された。今回初出場となるアーティストには、デビュー30周年目のエレファントカシマシ、10周年のHey! Say! JUMP、20周年の三浦大知などが決定。キャリアある豪華アーティストの初紅白に、大きな注目を集めるに違いないだろう。

 そんな国民から熱い視線が送られる紅白だが、たびたび世間を驚かす”珍事件“が起きることをご存知だろうか。

 まず、挙げられるのが今から32年前の1985年。代表曲『モニカ』で知られる歌手・吉川晃司が『にくまれそうなNEWフェイス』で出場したときだ。演奏が始まると同時に舞台袖から現れた吉川は、なんとシャンパンを撒き散らしながら登場した。また、白組での出場にもかかわらず、真紅のスーツを纏って出場するなど、視聴者に強烈な印象を与えたハプニングとなった。そんな吉川は2012年、この事件に対して「紅白は抗議行動的な側面もあった」「あまりに稚拙だった」と当時の事を振り返り、このアクシデントを深く反省しているようだ。

 吉川のような紅白に対する「アンチテーゼ」も込められたアクシデントがある一方、過激なパフォーマンスで世間から大きなバッシングを受けた、アノ”大事件”も有名だろう……。

紅白「珍事件」の前触れか!? 過去に「酒びたり」「全裸事件」……「伝説ロックバンド」出場で「アクシデント」再来?のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!