NEW

M.デムーロ鞍上問題で「掟破り」の大逆転!? サトノクラウンVSシュヴァルグラン……今”最も勝てる男”を巡った争奪戦の「結末」は

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
M.デムーロ鞍上問題で「掟破り」の大逆転!? サトノクラウンVSシュヴァルグラン......今最も勝てる男を巡った争奪戦の「結末」はの画像1

 今、最も「勝てる男」を巡って”仁義なき争奪戦”が展開されていたようだ。

 19日に京都競馬場で行われたマイルCS(G1)は、17年ぶりに3歳馬のペルシアンナイトが優勝。鞍上のM.デムーロ騎手はエリザベス女王杯に続くG1連勝となった。

「ミルコを買えば勝てる」まさに”神懸り”と述べざるを得ない驚異的な勝負強さ。ただでさえ大レースで燃えに燃えるデムーロ騎手が、今”最高潮”の波に乗っている。G1レースでは6月のオークス以来、10戦連続で3着以内。また、日曜日の重賞も9週連続3着以内と、まさに手が付けられない状況だ。

 エリザベス女王杯のモズカッチャンも、マイルCSのペルシアンナイトもデムーロ騎手が騎乗しなければ、伏兵評価の1頭に留まっていた存在。それを勝たせてしまうのだから、まさしく馬よりも「騎手の力」と認めざるを得ないだろう。

 そんな自他共に認める”絶好調男”が、今週のジャパンC(G1)でどの馬に乗るのか……。

 実は19日に放送された『みんなのKEIBA』(フジテレビ)でも「未定」と記されていたように、まだ正式には発表されていない状況だ。もはや「ミルコが乗った馬を買えば勝てる」と述べても過言ではないだけに、競馬ファンの間でも早くも「どの馬に騎乗するのか」が大きな話題になっている。

M.デムーロ鞍上問題で「掟破り」の大逆転!? サトノクラウンVSシュヴァルグラン……今”最も勝てる男”を巡った争奪戦の「結末」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!