NEW

ジャパンC級に熱い!?「元祖アキバ系&競馬女王」桃井はるこのワンマンライブがいろいろスゴかった!!!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンC級に熱い!?「元祖アキバ系&競馬女王」桃井はるこのワンマンライブがいろいろスゴかった!!!!の画像4

 そしてライブは中盤戦へ。ここで桃井さんは「私、オーバーオールキャラになろうと思ってる」と決意表明。なんでも最近は、世間でこれを着用している人はいないためとのこと。今度の取材のときはぜひともオーバーオールでお願いししたい!! その後、どうしてもセットリストに入れちゃうほど好きな曲だというファンにはおなじみのナンバー「勝利の女ネ申☆」、ポップなチューンの「Happy! Corona Blossom」で会場を盛り上げていく。

 新曲の「星空ダンシング」のカップリング曲「D・I・Y ~キミ色に染めて~」、アニメ作品「SHIROBAKO」に提供した「プラチナジェット」のセルフカバーを歌うと次の曲からモードチェンジ。アッパーかつパワフルな楽曲から一転、シックなメロディにポジティブなメッセージが乗せられた「tora:uma」、削除も書き直しもできない人生の応援歌「ライトワンス」、穏やかな日常を綴った「どばと」など心を揺さぶられる楽曲が続く。それから声優・上坂すみれさんに提供した「げんし、女子は、たいようだった。」のセルフカバー。秋葉原愛を宣言する「セカイじゅうのAKIHABARAで」で自身のオリジン・秋葉原、そして後輩たちへエールを送った。

ジャパンC級に熱い!?「元祖アキバ系&競馬女王」桃井はるこのワンマンライブがいろいろスゴかった!!!!の画像6

 ライブは終盤に入ると、ロックテイストを全開に激しいサウンドがライブハウスに響き始める。「Phantasista」をはじめ、ステージを大きく使いながら「へんじがない、ただのしつれんのようだ。」TOM☆CATのカバー曲「TOUGH BOY」、そして「純愛マリオネット」、「東京サバイバル」とハードなナンバーを歌い続ける。

 そして、最新シングル「星空ダンシング」でファンのテンションはフルマックスに!! ハードなメロディに桃井さんの甘い歌声が乗り、「カワかっこいい」モモーイサウンドが展開され、会場は大きく揺れた。そしてアンセムソング「LOVE.EXE」で最後を飾る。ファンたちはオタ芸やMIXなど思い思いの振り付けを披露。だが、サビの「エ・グ・ゼ!」では、両手をクロスする振り付けを桃井さんとともに行う一体感も見せつけた。

ジャパンC級に熱い!?「元祖アキバ系&競馬女王」桃井はるこのワンマンライブがいろいろスゴかった!!!!のページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!