NEW

武豊に「競馬界の”大物”」が激怒か。「スキャンダル」制裁でエアスピネル乗り替わり、そして今後も……?

【この記事のキーワード】, ,
武豊に「競馬界の大物」が激怒か。「スキャンダル」制裁でエアスピネル乗り替わり、そして今後も......?の画像1

 先週のマイルCS(G1)で2着に敗れたエアスピネル(牡4 栗東・笹田厩舎)。能力の高さ、強さは見せつけたが、またしてもG1制覇には手が届かなかった。

 すでに多くの競馬ファンはご存知のようだが、今回のエアスピネルは本番直前に鞍上の「ゴタゴタ」があった。主戦の武豊騎手が先々週の調教中に落馬負傷。その週の騎乗を自重し、その後乗り替わりが言い渡された。

 乗り替わりが決定したのは先週水曜だが、突然の言い渡しで武騎手にも情報はその瞬間まで届いていなかったという。オーナーの怒りか陣営の決定か、この乗り替わりにはファンのみならず、競馬関係者の間でも物議を醸したようだ。先週日曜、復帰した武騎手が輪乗りの際に足を庇うような仕草を見せるなど、選択は正しかったようにも思えるのだが……。

 ただ、今回の乗り替わりは、エアスピネル陣営よりもさらに”上”の判断が影響した、という現場からの情報が入ってきた。

「競馬界で最大の”大物”を怒らせてしまった、ということです。競馬界もファンもあのコンビを求めていた中で、負傷による乗り替わり自体は納得ですが、武騎手への配慮がゼロだったというのは疑問が多かった。ただ、裏に『大きな力』が働いていたというなら納得です。

理由は、落馬負傷の報告があった翌日の報道。武騎手がキャスターと『路上キス』している写真が表に出されたことが原因のようです。絶大な権力を有する”大物”の中には、こうした浮気スキャンダルなど醜聞が嫌いな人物がいるそうで、お灸を据える意味で、報道後すぐに乗り替わりと力が働いたという話がありますね」(記者)

武豊に「競馬界の”大物”」が激怒か。「スキャンダル」制裁でエアスピネル乗り替わり、そして今後も……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!