NEW

武豊とキス小浦愛「交際宣言」の悪女ぶり…元カレも騎手で「高級ブランド」わがまま放題の本性

【この記事のキーワード】, ,
武豊とキス小浦愛「交際宣言」の悪女ぶり...元カレも騎手で「高級ブランド」わがまま放題の本性の画像1

「フライデー」(講談社)がスクープしたJRAの武豊騎手と小浦愛の「路上キス」報道。武豊騎手サイドは、本人がキスの事実を否定、さらに妻である佐野量子さんが見事すぎるマスコミ対応を行い、騒動は一応の収束を見た。

 一方の小浦は今後、さらなる苦境が待ち受けている。そもそも報じられた武豊騎手とは、今年の夏頃から”関係”がウワサされていたという。そのきっかけは、記者が取材で厩舎に出入りしていた小浦に、レースへ出走が予定されている有力馬についてなにか情報はないかと聞いたことからだった。

「小浦はどの馬がどの厩舎に所属しているのかさえ知らないのに、『武豊さんに関してはバッチリかも!?』と茶目っ気たっぷりに答えたそう。クローズな世界だから、こういう話はあっという間に広まってトレセン内でも注目されていたよ」(別の競馬記者)

 武豊騎手が既婚であることは周知の事実。恋は盲目とはよく言うが、このような秘すべき内容を明かしていたとは……。名うての名手である武豊騎手だが、恋に入れ込んだジャジャ馬娘を御することはできなかったようだ。

 また小浦はレギュラー出演しているグリーンチャンネルの『トレセンまるごと情報局』から、近いうちにクビになるのが既定路線といわれている。番組からすれば、競馬界の大スターを巻き込んだスキャンダルを起こした小浦に、責任を取ってもらわなければ立つ瀬がないのは当然だ。

 だが、この降板は武豊騎手とのスキャンダルだけが原因ではないという。

「以前、小浦は関西の若手騎手と交際していました。ですが、当時からその若手騎手になにかにつけて高額なブランド品をお願いするなど、わがまま放題だったそう。そのため、彼女の悪評はトレセン内でも広まっていました」(記者)

 関係者からの評判もよろしくないであれば、今回の一件がなくとも番組降板は時間の問題だったのかもしれない。

 乗り手を失った小浦は今後、どのような道を進むのだろうか?

武豊とキス小浦愛「交際宣言」の悪女ぶり…元カレも騎手で「高級ブランド」わがまま放題の本性のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは
  2. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは
  3. JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か
  4. JRAファンから「ルール改正」望む声も噴出した不運、「4度目の正直」で念願叶った実力馬とは
  5. JRA「異常事態」の戦犯はC.ルメール!? 波乱続きの今年の重賞戦線、実はとんでもない「裏切り」記録が継続中だった
  6. JRA「6馬身差」レコード勝ちはイクイノックス以上!? 「知らなきゃ損」の密かな出世レースに超大物候補が満を持して登場!
  7. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  8. JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬
  9. JRA「僕のお気に入り」武豊が惚れ込んだ怪物が古馬になって本領発揮!? 復帰初戦はレジェンドの「相馬眼」にかけて負けられない戦いか
  10. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」