NEW

パチンコ不況をあざ笑う「295億円増益」に驚愕……「地獄少女」「リング」メーカーが最大手『サミー』『ユニバ』独壇場に終止符!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ不況をあざ笑う「295億円増益」に驚愕......「地獄少女」「リング」メーカーが最大手『サミー』『ユニバ』独壇場に終止符!?の画像1

 今月27日、パチンコメーカー『藤商事』が、2018年3月期業績は大幅増収増益を計画していると投資支援サービスサイト「FISCO」の企業調査レポートで分かった。

 レポートによれば、2017年4月から9月の業績は、売上高で前年同期比40.2%増の約295億円、営業利益で同250.9%増の41億円と大幅な増収増益になったという。その要因には、同社の主力タイトル「リング」シリーズの最新機種『リング 終焉ノ刻』をパチンコ・パチスロともに導入したこと。また、リングに匹敵する同社の主力タイトル『CR地獄少女 宵伽』が導入予定となっており、さらなる増収増益が見込まれるとのことだ。

 藤商事は1966年創業の歴史あるパチンコメーカー。「アレジン」「エキサイト」シリーズなどオリジナル版権のパチンコ機が大ヒット。近年では人気アニメ『地獄少女』や『緋弾のアリア』、国民的ホラー映画『リング』とのタイアップ機種を導入し、固定ファンを多く持つ人気メーカーだ。

 一般的に中堅と呼ばれる同メーカーの大幅増益にファンからは「このご時世凄いな」「他のメーカーも見習え」と大手パチンコメーカーの業績悪化が相次ぐ中での増益に感嘆する声が目立った。

 藤商事が好調を迎える一方で、「麻雀物語」「ルパン三世」シリーズで有名な大手パチンコメーカー『平和』は2018年3月期の業績予想を、売上高1752億円から1324億円に下方修正したことを発表。また、最大手パチンコメーカー『ユニバーサルエンターテインメント』(以下、ユニバーサル)は2017年第2四半期(4月~9月)の連結業績は売上高433.8億円(前年同期比23.3%減)、経常損失108.7億円となってしまったことが先月発表された。

 業績が黒字となるメーカーがある中、大幅な減益となってしまった原因はやはり、出玉性能が大幅に抑制された「5.5号機」の影響が大きかったといえる。業界全体がこの厳しい現状に悲鳴を上げているに違いないだろう。

 今回大幅増益となった『藤商事』と大幅減益となったメーカーを比べると、ある原因が収益の差を生んだと関係者はいう。

パチンコ不況をあざ笑う「295億円増益」に驚愕……「地獄少女」「リング」メーカーが最大手『サミー』『ユニバ』独壇場に終止符!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!