NEW

「世界No.1」H.ボウマンがチャンピオンズカップ(G1)でも一撃!? 不遇の強豪グレンツェントも覚醒か

【この記事のキーワード】, ,
「世界No.1」H.ボウマンがチャンピオンズカップ(G1)でも一撃!? 不遇の強豪グレンツェントも覚醒かの画像1

 12月3日に中京競馬場で開催される「ダート王決定戦」チャンピオンズC(G1)。このレースに未完の大器グレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎)が、G1初戴冠を目指して出走を予定している。

 グレンツェントは一線級の実力を秘めながらも、機を逃した不遇の馬として知られている。昨年同馬は、怒涛の勢いで勝ち上がり重賞勝利まで収めるなど才能の片鱗を見せた。だが、昨年のチャンピオンズCを回避、今年は前哨戦の東海S(G2)を快勝するもフェブラリーSを見送るなど、2度もG1出走のチャンスを捨てている。

 これで勢いを失ってしまったのか、その後グレンツェントはアンタレスS(G3)で1人気に支持されるも9着、平安S(G3)でも2人気ながら10着と立て続けに惨敗。敗戦後、放牧に出されていた。

 グレンツェントは半年間の休養を11月のJBCクラシック競走(G1)で復帰。ようやく初挑戦となったG1では、最後に脚が止まってしまったものの5着。休養明けだったにもかかわらず、大舞台で一定の成績を残して復活の兆しを見せた。

 次走こそ悲願のG1初制覇を達成したいグレンツェント。陣営も「よくなってきた。出来には不安がない」と次走のチャンピオンズCに対して自信をのぞかせているという。そしてさらに同馬に強い味方が登場した。先週のジャパンC(G1)でシュヴァルグランに騎乗し、同馬をG1初制覇に導いたH.ボウマン騎手が今週のレースで鞍上を務める予定だという。

「世界No.1」H.ボウマンがチャンピオンズカップ(G1)でも一撃!? 不遇の強豪グレンツェントも覚醒かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か