NEW

【阪神JF(G1)展望】オルフェーヴル産駒「初G1制覇」へロックディスタウン出陣! 混戦必至の女王決定戦を攻略する「キーマン」は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【阪神JF(G1)展望】オルフェーヴル産駒「初G1制覇」へロックディスタウン出陣! 混戦必至の女王決定戦を攻略する「キーマン」はの画像1

 2歳牝馬のトップを決める阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)が、12月10日(日)阪神競馬場で開催予定。翌年の桜花賞(G1)と同じ阪神競馬場の芝1600Mが舞台ということもあり、クラシック戦線を占う意味でも見逃せない一戦と言えるだろう。

 まず注目したいのは、無傷の2連勝でタイトルを狙うロックディスタウン(牝2歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)だ。

 新潟で行われたデビュー戦では圧巻の内容で完勝。中団やや前でレースを進めると、最後の直線では驚異的な瞬発力を披露し単勝1.9倍という圧倒的な人気に応えている。レースの上がり自体が32.8秒という2歳戦離れした追い比べとなる中、本馬は最速となる32.5秒で突き抜け素質の高さを見せつけた。

 続く札幌2歳S(G3)では、新種牡馬オルフェーヴルの産駒として初の重賞制覇を達成。中団追走から4コーナーで外めに出し、直線では力強い伸びを見せて後続を振り切る強い内容だった。現時点での2歳牝馬路線では、頭ひとつ抜けた存在と言っても大袈裟ではないだろう。

 稽古では3歳馬2頭を一気に抜き去る豪快な走りを披露。今回も力を出せる状態にあると考えていいだろう。注目の素質馬が、無傷の3連勝を飾りG1ロードを歩み出せるのかに期待は高まる。

 アルテミスS(G3)を勝利し、ロックディスタウンに続くオルフェーヴル産駒の重賞勝ち馬となったラッキーライラック(牝2、栗東・松永厩舎)も上位争いが濃厚だ。

 新馬戦は1馬身以上の差を付けて危なげなく勝利。続くアルテミスS(G3)も抜群のスタートから好位をキープし追走すると、直線では強力な伸びを見せ快勝劇を演じてみせた。

 CWコースで行われた追いきりでは、併走馬を一気に突き放す力強い走りを披露。松永幹調教師が「良すぎるくらいだね。いい感じ」と「スポーツ報知」の取材で応えているように、好状態に仕上がっていることは明白だ。

 マイル経験がある点も大きな強み。ロックディスタウンにも劣らぬ素質馬が、頂点の座を虎視眈々と狙う。

【阪神JF(G1)展望】オルフェーヴル産駒「初G1制覇」へロックディスタウン出陣! 混戦必至の女王決定戦を攻略する「キーマン」はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!