NEW

2017年競馬「流行語大賞」発表! 浜中俊騎手の「もういいでしょう」を退け『2017競馬・流行語大賞』に選ばれたのは……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 早いもので今年も残すところ、あと1月。気が付けば年の瀬が、そして有馬記念(G1)がもうすぐそこまで迫っている。1日には、年末恒例の『2017ユーキャン新語・流行語大賞』の年間大賞とトップ10が発表され「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」が大賞に選ばれた。

 それを受け、当サイト・ギャンブルジャーナルでも編集部が独断と偏見で決めた『2017 GJ競馬・流行語大賞』を発表したい。様々な出来事に多くの意見があると思うが、今年の競馬を振り返る参考にして頂ければ幸いだ。

2017 GJ競馬・流行語大賞 第1位大賞「乗り替わり」

2017年競馬「流行語大賞」発表! 浜中俊騎手の「もういいでしょう」を退け『2017競馬・流行語大賞』に選ばれたのは......の画像1

 今年だけに限らず、すでに競馬の常用語として認識されている騎手の「乗り替わり」だが、本年は特に乗り替わりで様々なドラマがあった。

 G1戦線を中心に振り返ってみても、高松宮記念を勝ったセイウンコウセイは前走まで騎乗していた松田大作騎手が、道路交通法違反容疑で騎乗停止になったことで幸英明騎手に。桜花賞を勝ったレーヌミノルも、浜中俊騎手が騎乗停止になったことで池添謙一騎手に乗り替わっての勝利。

 また、オークスでソウルスターリングに食い下がった2着馬モズカッチャンの和田竜二騎手からM.デムーロ騎手への乗り替わりは大きな議論を生んだ。その後、秋華賞トライアルのローズSで、和田騎手のラビットランがモズカッチャンを撃破。和田騎手の「僕にも意地がある」という言葉が印象的だった。しかし、エリザベス女王杯ではデムーロ騎手とモズカッチャンが、和田騎手のクロコスミアをクビ差交わして優勝。デムーロ騎手が見事なリベンジを果たし、モズカッチャンをG1馬に導いた。

 他にもアルアインの皐月賞でG1初制覇を飾った松山弘平騎手の乗り替わりや、福永祐一騎手と大魔神・佐々木主浩オーナーの確執によるシュヴァルグラン降板、そしてそのシュヴァルグランがデムーロ騎手に”捨てられて”ジャパンCを勝つなど、今年は枚挙に暇がないほど「乗り替わり」が随所で話題になり、競馬ファンからも大きな注目を浴び続けた。

 ワードとしての真新しさは皆無だが、今年の競馬を象徴する「キーワード」として、年間を通しての注目度の高さから大賞の受賞となった。

2017年競馬「流行語大賞」発表! 浜中俊騎手の「もういいでしょう」を退け『2017競馬・流行語大賞』に選ばれたのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事