NEW

キセキ「皮膚病」で大ピンチか……世界王者ハイランドリールとの決戦に黄信号?

【この記事のキーワード】, ,
0324kiseki_01.jpgキセキ(競馬つらつらより)

 今夏、最大の上がり馬として菊花賞に挑戦し、見事に勝利を掴み取ったキセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)。同馬は次走に海外挑戦を選択。今週末のシャティン競馬場で行われる香港ヴァーズ(G1)に挑戦する。日本を代表する馬として好走が期待されているが、ここに来て出走に黄色信号が灯ったという。

「サンスポ」によれば、キセキの左前脚に皮膚病が見つかり、検疫厩舎内で他馬と隔離された馬房に移動させられたという。この症状は白癬(はくせん)によるものとみられており、現在治療を進めているそうだ。

 競走馬の皮膚に関する病気の多くがこの白癬によるものだという。原因となるのは真菌(カビ)。これは健康な馬の体表や厩舎の環境内に常在しているため、完全な予防は困難を極める。内用薬の投与や酸性水などによる消毒がある程度は有効だが難治性だという。重症になると脱毛を伴い、細菌との混合感染が見られることもあるそうだ。

「わざわざ有馬記念を回避してまで香港遠征を選択したキセキですが、ここに来て不運に見舞われていますね。出走可否などについては未定とのことですが、あまり珍しい症例ではないようです。4日朝には調教も行なっていますので、レースへ出走できないということはないと思いますが……」(記者)

 キセキは今回の香港ヴァーズで、世界的G1レースを6つ勝ったハイアンドリールと覇を争うことになるが、出走前からケチがついてしまった形だ。

 現在、ウィリアムヒル社の事前オッズではキセキを抑え、ここがラストランになるハイアンドリールが1番人気に支持されている。ハイアンドリールはここ最近3連敗。だが、それでも4着、3着、3着とまだその実力には陰りが見られない。さらに一昨年のこのレースの覇者であり、昨年はサトノクラウンに足をすくわれたものの、3着以下には6馬身以上の差をつけており、得意としているコースのひとつだ。

 その壁をキセキが超えることは容易ではないだろう。だが、キセキは今年の夏には同世代ではなく、古馬を相手にしっかりと勝ち上がっている。低くないハードルを乗り越えた経験もあるのだ。このような逆境の中でこそ、その真価が発揮されると信じたい。

 キセキはハイアンドリールに引導を渡すことができるのか? 今一度、キセキを起こすところを見せてもらいたい。

キセキ「皮膚病」で大ピンチか……世界王者ハイランドリールとの決戦に黄信号?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊の「新人最多勝」超えで慢心!? デビュー年の勝利数を超えるまで11年の遠回り、元天才騎手の「身から出た錆」発言
  2. JRA C.ルメール“国外逃亡”で責任回避!? 元ダービー馬候補「有言実行」懸かる背水の陣、大役任されたのは「鬼タックル」食らった因縁の相手
  3. JRA大本命「7連敗」で川田将雅に大誤算!?単勝1.4倍「3億円ホース」敗戦から始まった負の連鎖「悲願」のリーディング獲得へ急ブレーキ
  4. JRA川田将雅でも武豊でもない、復活の立役者はあの男!? 昨年「12位」→今年「断トツ1位」大記録失った名門厩舎が驚異の大逆襲!?
  5. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  6. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  7. JRA今村聖奈「一発回答」に岩田望来が赤っ恥!? グループ内での「序列低下」も現実味……エージェント同一も「重賞97連敗」の体たらく
  8. JRAスミヨン、デムーロ、ルメールが「格の違い」を証明…クビになった中堅騎手が味わった屈辱、あの名牝の全弟がデビュー
  9. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  10. JRA岩田康誠「騎手が下手くそ」格下相手の惜敗に自虐節!? 七夕賞(G3)武豊がG1馬に導いた逸材が復活の兆しを示した分岐点