NEW

最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるか

【この記事のキーワード】, ,
最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるかの画像1ブエナビスタ(JBISサーチ公式サイトより)

 今年の2歳女王決定戦「阪神JF(G1)」には23頭が登録。現時点で賞金400万円12頭のうち8頭が抽選で出走可能となっている。

 過去にも2006年ウオッカ、2008年ブエナビスタ、2011年ジョワドヴィーヴルなど抽選を通過した馬が女王の座を掴んでいるように、抽選滑り込み出走馬の存在は無視できないものとなってきている。

 そんな抽選対象の馬の中で特に注目したいのは、名牝ブエナビスタの仔ソシアルクラブ(牝2歳、栗東・池添学)だ。

 母ブエナビスタは牡馬混合を含むG1競走6勝を誇る名牝。父キングカメハメハはディープインパクトと並ぶ名種牡馬と、馬自身の潜在能力の高さは疑いようがない。

 そんな同馬は、期待されたデビュー戦で強烈な走りを披露。直線で外へ出されると、驚異的な追い込みで差し切り快勝した。ライバルたちを蹴散らした豪脚は、間違いなく世代トップクラスと言えるだろう。早くもクラシックを意識する声が上がっていることにも納得だ。

 現時点で注目を集めることも当然だが、阪神JFと「好相性の一族」である点も大きなポイントである。

 先述したように母ブエナビスタは抽選を通過し同レースを制覇。同じく叔母ジョワドヴィーヴルも1戦1勝で挑み女王の座を射止めている。さらに祖母は阪神JFの前身である「阪神3歳牝馬S」を制したビワハイジという、まさに筋金入りの「阪神2歳女王一族」なのだ。

最強ブエナビスタの仔「阪神JF(G1)」獲りへ!「阪神2歳女王一族」ソシアルクラブ史上初・母子3代の「同一G1制覇」なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
2「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
3コントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
4「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
5ジャパンC(G1)“偽コントレイル”「異常オッズ」で阿鼻叫喚!? 三連単「8→15→10番人気」の組み合わせが、なんと1番人気に…?
6チャンピオンズC「今年1番簡単なレース」の真意とは? ソダシ出走にゴーサイン、ノーザンファームの深い思惑…
7ジャパンC(G1)フランスから来た「美人すぎる厩務員」が話題沸騰!? 外国馬グランドグローリー5着善戦で「動く」ジャパンマネー?
8名門・国枝栄厩舎から「スノーフォール」級が登場!? C.ルメール予言的中も「ビックリ!」高速馬場だけが要因じゃない“衝撃レコード”の真相
9横山典弘「27年」続いた記録が消滅の大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
10武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々