NEW

欅坂46&乃木坂46パチンコで登場か!? 売上「20万台」も楽勝「名機」誕生に期待の声

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
欅坂46&乃木坂46パチンコで登場か!? 売上「20万台」も楽勝「名機」誕生に期待の声の画像1

 今年も早いもので12月に突入。2017年を振り返ってみると、パチンコ機が予想以上の盛り返しを見せた印象だ。その代表といえば、『ぱちんこCR北斗の拳7転生』だろう。規制の限界を攻め、圧倒的な出玉性能を実現。ユーザーから大きな支持を得ることに成功した。

 ただ、忘れてはならないのが、『ぱちんこ必殺仕事人Ⅴ』『CR ぱちんこGANTZ』『ぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ』を販売した京楽産業の活躍ぶりだ。新基準機の弱点である継続率65%に左右されない「小当たりラッシュ」で大量出玉を実現。また、一種二種混合機の特性を活かし、高い連チャン率を生み出した。これらの機種は、ホールでは圧倒的なシェア率を誇っている。

 そんな今最も勢いに乗る『京楽産業』から、人気シリーズ『AKB48』の最新作が「パチンコ機で登場するのでは」との情報が一部関係者から浮上した。『AKB48』はシリーズ化されている人気コンテンツ。特に、1作品目の『CRぱちんこAKB48』は、遊びやすさと出玉感を追求したライトミドルスペックでユーザーの心を掴むことに成功。たちまちホールの看板機種となった。

 また、コンテンツの魅力を最大限に活かした演出もヒットの所以といえる。定時になれば、AKB48のミュージックビテオがパチンコ機の演出として全台一斉に流れ出す。ホールにもかかわらず、ライブ会場のような雰囲気を作り出しホール全体を席巻。売り上げ台数は20万台を超え、パチンコ史に残る大ヒット機種となった。そんな成功者の後続機であれば、ヒットも当然と考えられるが……。

「確かに初代は、パチンコユーザーだけではなく、普段パチンコに馴染みのない方をも呼び込み、一大ブームを巻き起こしました。新規客をホールに呼び込み、連日高い稼働を見せ、大成功した機種といえるでしょう。パチンコ業界に大きく貢献したことは間違いないです。

しかし、その後継機『CRぱちんこAKB48 バラの儀式』の評判はイマイチでしたね。本作では、新たにNMB48・SKE48メンバーがパチンコ機に登場。スペックは初代を踏襲したライトミドル。スペック面は好評でしたが、演出面に多くの不満の声があがっていましたね。特に、遊技とは関係ないミニゲーム演出が批判の対象となっていました。AKB48ファンにとっては好評だったようですが、ゲーム性などを重要視するユーザーからは『時間の無駄』と大不評でした。2作品目の評判の悪さを見る限り、現在浮上している新作シリーズに過剰な期待することは難しいですね。

欅坂46&乃木坂46パチンコで登場か!? 売上「20万台」も楽勝「名機」誕生に期待の声のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!