NEW

JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が......「木刀事件」で因縁の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配の画像1

 9日に中山競馬場で行われたメイクデビュー中山で落馬負傷し、「脳震とう」「頸椎骨折」と診断された吉田豊騎手に対して、その容態を心配する声が続々と上がっている。

 中でも、元JRA騎手の藤田伸二氏は、自身の公式Twitterを通じて「可愛い後輩の吉田豊が落馬…頸椎骨折のようだ…頸椎は後藤の時の様に長引く…心配でならない。ホンマに騎手は危険な商売だ…」(原文まま)とツイート。騎手という職業の危険性を深く知る人物だけに、その発言はとにかく重い。

 そんな藤田騎手の言葉通り、2015年の2月に自殺した故・後藤浩輝さんもまた、落馬事故による度重なる頸椎損傷によって最後までケガとの戦いを強いられた騎手の1人だ。

「今回の吉田豊騎手は当初『頸椎捻挫』と発表されていましたが、検査した結果『頸椎骨折』であることが判明しました。これは後藤騎手の最初のケースとほぼ同じで、その時は約4カ月の休養を強いられています。

ただ、後藤騎手の場合は復帰してすぐに再び落馬して頸椎を骨折。ケガが完全に治り切っていないところへ重ねて負傷したとあって、これで1年以上の休養を余儀なくされています。一時は『復帰絶望』ともいわれていました。

吉田騎手の場合は脳震とうの方も気になりますし、まだ詳しい容態は発表されていません。ただ、過去のケースからおそらくは約半年程度の休養は必要になると思います。吉田騎手も今年で42歳と若くないですし、しっかり治して復帰される日を待ちたいですね」(競馬記者)

後藤騎手と吉田豊騎手といえば、1999年に起こった”木刀事件”で因縁のある関係だ。

JRA「自死」後藤浩輝氏に続き吉田豊騎手が……「木刀事件」で”因縁”の相手と同じ頸椎骨折を藤田伸二元騎手も心配のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!