NEW

世界王者ハイランドリールが有終の美!菊花賞馬キセキ「不完全燃焼」で日本馬勝利ならず……【香港国際競走・回顧】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【香港国際競走・回顧】世界王者ハイランドリールが有終の美!菊花賞馬キセキ「不完全燃焼」で日本馬勝利ならず......の画像1

 10日、香港のシャティン競馬場で香港ヴァーズ、香港スプリント、香港マイル、香港カップという4つのG1から成る香港国際競走が開催された。

 毎年、多くの日本馬が遠征することがお馴染みとなった香港国際競走。今年も菊花賞馬キセキや国際G1馬のネオリアリズム、マイル王サトノアラジンなど8頭が出走。日本でも海外馬券が発馬されるなど大きな盛り上がりを見せた。

香港ヴァーズ(G1)芝2400m

 1番人気は、ここが引退レースとなる愛国馬ハイランドリール。そこに日本の菊花賞馬キセキが続き、米ブリーダーズCターフ(G1)でハイランドリールを退けたフランスのタリスマニックが3番人気と「3強」を形成。4番人気にJ.モレイラ騎乗の日本馬トーセンバジルが支持された。

 12頭立てのレースは、揃ったスタートからヘレンカリズマが単騎で集団を引っ張る流れ。ハイランドリール、タリスマニックといった有力馬が2番手集団につけ、トーセンバジルが中団、キセキは最後方からの競馬となった。

 向正面に入り、残り1000mとなった辺りで2番手集団から抜け出したハイランドリールが、逃げるヘレンカリズマにプレッシャーを掛けに行く。ややレースの流れが速くなり、トーセンバジル、キセキといった後方集団がポジションを押し上げた。

 縦長だった馬群が一気に凝縮し、全馬一団となって最後の直線へ。ハイランドリールが堂々と先頭に躍り出るが、追いかけるタリスマニック、トーセンバジルの手応えも良い。残り200mを切って、2頭がハイランドリールに並び掛けたが、そこからが王者の貫禄か。再びハイランドリールが後続を突き放すと、最後はタリスマニックに1馬身3/4差をつけて有終の美を飾った。

 レース後、鞍上のR.ムーア騎手も「彼は闘志に火がつくと、いつも勝利に向けて頑張ってくれる。最後の1ハロンで、もうひと伸びした」と世界のトップを争ってきたハイランドリールの底力を絶賛。

世界王者ハイランドリールが有終の美!菊花賞馬キセキ「不完全燃焼」で日本馬勝利ならず……【香港国際競走・回顧】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!