NEW

「ユニバーサル」損賠賠償請求もパチスロ機低迷の地獄……『HANABI』『バーサス』人気誇るノーマル機「ネタ枯渇」が窮地にダメ押しか

【この記事のキーワード】

, ,


 人気を博した4号機時代のリメイク機そのものに”限界”があるのでは、との声が多い。

「ユニバーサルは、4号機時代の名機を5号機ノーマルタイプとして復刻させた機種は数多くあります。人気機種『HANABI』『サンダーV』を含め、10機種以上が登場。シリーズ機種を含めれば、その数はゆうに30機種を超えるかもしれません。

これだけ多くの復刻機が登場しているのは、かつての名機が大変な人気を博していたことは言うまでもないでしょう。その証拠に5号機で復刻した機種の多くが、登場毎に大きな注目を集めました。これからもリメイク機の登場に期待するのは当然ですが……。

そのリメイク機も数に限りがあります。主要機種であった『HANABI』『サンダーV』『クランキーシリーズ』などは全て復刻済。かつての人気機種という名の財産は、底を尽きたといってもいい。今年登場したART機種で評価の高い機種は少ないんです。ノーマルタイプだけは現在でも安定的に人気を集めているだけに、今後が危ぶまれますね……」(記者)

 今月登場した新台『タロットエンペラー』はユニバーサルのノーマル機ということもあり、大きな注目を集めた。しかし、高設定の方が「BIG確率が低い」「出玉性能が極端」という偏向的なスペックに、ユーザーからは「打つ気がしない」「このスペックにした理由が分からない」と反応はイマイチだ。

 ユニバーサルを支える”ノーマルタイプ”。これが窮地に立たされた日には、事業撤退の現実味が増すのではないだろうか……。
(文=編集部)

「ユニバーサル」損賠賠償請求もパチスロ機低迷の地獄……『HANABI』『バーサス』人気誇るノーマル機「ネタ枯渇」が窮地にダメ押しかのページです。GJは、その他、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!