NEW

【全日本2歳優駿(G1)展望】怪物ルヴァンスレーヴVS武豊ドンフォルティス!無敗の素質馬が「2歳ダート王」の座を懸け激突!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【全日本2歳優駿(G1)展望】怪物ルヴァンスレーヴVS武豊ドンフォルティス!無敗の素質馬が「2歳ダート王」の座を懸け激突!の画像1

 13日、川崎競馬場で2歳ダート王決定戦となる全日本2歳優駿(G1)が開催される。

 昨年はJRA所属の牝馬リエノテソーロが優勝し、翌年春のNHKマイルC(G1)でも2着に好走。今年は時代のダート路線を担う例年以上の素質馬が集結した。

 その中でも断トツの評価を受け、早くも「怪物」と称されているのが2戦2勝のルヴァンスレーヴ(牡2歳、美浦・萩原清厩舎)だ。

 昨年のエピカリスに続き、またも萩原清厩舎からダートの大物が出現した。デビュー戦では、後にもちの木賞(500万下)を勝ち、早々にオープン入りを決めるビッグスモーキーに7馬身差の圧勝。続くプラタナス賞(500万下)でも、ほとんど持ったまま2馬身半差の完勝。

 レース後、主戦のM.デムーロ騎手が「ヤバいよ」と興奮気味に語るのも無理はない。勝ち時計の1:36.2は2歳レコード。それをほぼ追われることなく楽々と叩き出してしまったのだから、「異次元の強さ」と述べざるを得ないだろう。

 大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』の事前予想では単勝1.4倍という圧倒的な人気。ここも楽勝し来年はドバイか、はたまた米ケンタッキーダービーか……。いずれにせよ、大きな夢を抱かせる大器が出現したことは間違いないだろう。

 この超大物を打ち負かすとすれば、武豊騎手のドンフォルティス(牡2歳、栗東・牧浦充徳厩舎)に期待するのが順当か。

 デビュー戦こそ大きく出遅れて3着に敗れたが、そこから3連勝。しかも3馬身、3馬身、1馬身半差といずれも危なげない勝利を飾っているドンフォルティス。特に重賞初制覇となった前走の北海道2歳優駿(G3)では、早め先頭の強気な競馬でそのまま押し切った。

【全日本2歳優駿(G1)展望】怪物ルヴァンスレーヴVS武豊ドンフォルティス!無敗の素質馬が「2歳ダート王」の座を懸け激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!