NEW

【全日本2歳優駿(G1)展望】怪物ルヴァンスレーヴVS武豊ドンフォルティス!無敗の素質馬が「2歳ダート王」の座を懸け激突!

【この記事のキーワード】

, ,


 主戦の武豊騎手は、交流重賞で無類の勝負強さを見せる地方競馬の鬼。このレースも2勝を上げており、怪物ルヴァンスレーヴを相手にどのような競馬を見せるのか、天才騎手の手腕が問われるところだ。

 もう1頭の3戦3勝馬ハヤブサマカオー(牡2歳、美浦・伊藤圭三厩舎)はハマった時の爆発力が身上だ。

 デビュー3連勝はいずれも一度も先頭を譲ることなく逃げ切りと、必殺のパターンを持っているハヤブサマカオー。デビュー戦は1.7秒差の大差勝ち、続くなでしこ賞(500万下)も4馬身差で楽々逃げ切りと、抜群のスピードとハマった時の強さは特筆ものだ。

 その一方、単勝1.1倍という圧倒的な人気を集めた前走の兵庫ジュニアグランプリ(G2)では、厳しいマークに遭って最後はクビ差まで詰め寄られる勝利。課題の残る勝利となったが、強敵揃いで再びマークが分散化するここはチャンスか。主戦のC.ルメール騎手のペースコントロールにも注目だ。

 今年はあまりにメンバーが揃ったため紹介が遅れたが、2戦2勝のダークリパルサー(牡2歳、美浦・金成貴史厩舎)も例年であれば主役を張っていいだけの好素材だ。

 今年は2012年の開業以来、初の20勝超えを果たし、サクラアンプルールで札幌記念(G2)を勝つなど飛躍の1年となった金成貴史厩舎。ダークリパルサーは、そんな新鋭厩舎が送り込むダートの素質馬だ。

 デビュー戦を逃げ切った後、前走のオキザリス賞(500万下)ではスタートで後手を踏みながらも、しぶとく粘って連勝。レース後には、主戦の戸崎圭太騎手が「いいモノを持っているので先が楽しみ」とコメントしている。今回が初のマイル戦となるが、まだ底を見せていないだけに面白い1頭だ。

 迎え撃つ地方勢は、船橋のハセノパイロ(牡2歳、船橋・佐藤賢二厩舎)が大将格か。

 デビュー戦こそ敗れたものの6馬身差で初勝利を飾ると、そこから3連勝。前走のハイセイコー記念競走でも後続に1馬身3/4差をつけるなど、頭1つ抜けた存在となっている。

【全日本2歳優駿(G1)展望】怪物ルヴァンスレーヴVS武豊ドンフォルティス!無敗の素質馬が「2歳ダート王」の座を懸け激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!