NEW

朝日杯FS(G1)キタサンブラック「後輩」たちが次期エースを狙う! 清水厩舎の「本命」は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日杯FS(G1)キタサンブラック「後輩」たちが次期エースを狙う! 清水厩舎の「本命」は......の画像1

 今週末に阪神競馬場で開催される朝日杯フューチュリティS(G1)。来年のクラシック制覇をうかがう素質馬たちがしのぎを削ることが予想されている。

 そのレースに現役最強馬・キタサンブラックを管理する清水久詞厩舎はカシアス、ヒシコスマーの2頭出しで臨むようだ。

 まずは函館2歳S(G3)で同世代初重賞制覇を記録し、続く京王杯2歳ステークス(G2)ではタワーオブロンドンに次ぐ2着と好走を続けているカシアス。朝日杯フューチュリティSでは、これまで経験のないマイル戦となるが陣営は自信をのぞかせているという。

「これまでは短距離をメインにしていたカシアスですが、京王杯後に主戦の浜中俊騎手が『1600メートルまでは大丈夫だと思う』と話しこともあり、距離に対する不安はあまりないよう。陣営もG1制覇に向けてやる気を見せているようです」(現場記者)

 2歳王者戴冠に向けての準備は着々と進行しているようだ。しかし、清水厩舎の”本命”はもう1頭のヒシコスマーだという話もある。

 ヒシコスマーは新馬戦で後方からレースを進めると、直線大外からライバルたちを猛追する上がり最速の末脚を発揮。最後はアタマ差でライバルをねじ伏せた。しかし、続くデイリー杯2歳S(G2)では外にもたれてしまい、終始競馬にならず、そのまま8着。今後に不安をのぞかせていた。

朝日杯FS(G1)キタサンブラック「後輩」たちが次期エースを狙う! 清水厩舎の「本命」は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!