NEW

長澤まさみ「月9主演」も足を引っ張られる”要素”が多すぎ!? 「俳優つぶし枠」と化した放送枠、そしてあの「役者」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
長澤まさみ「月9主演」も足を引っ張られる要素が多すぎ!? 「俳優つぶし枠」と化した放送枠、そしてあの「役者」の画像1

 女優の長澤まさみが、来年4月のフジテレビ系「月9」『コンフィデンスマンJP』で主演を務めることがわかった。2007年『プロポーズ大作戦』以来の月9種円となる。

 共演は東出昌大と小日向文世が現状はわかっている。脚本が『リーガルハイ』(同)、『相棒』(テレビ朝日系)も手がけた古沢良太氏で「古沢さんなら見たい」「期待できる」と概ね印象はいい様子だ。

 主演の長澤に関しても、今回はコスプレもする天才詐欺師という役どころだが「いい役回ってくるね最近」「期待している」と応援の声が多い状況だ。

 ただ、中身はともかく「数字」という点では、さほど期待はできなさそうという声も……。

「内容の問題もあるとは思いますが、現在放送中、篠原涼子主演『民衆の敵』は視聴率が5%台と超低水域。主演の篠原の女優としての価値までも貶めているともっぱらです。確かに最近の長澤は映画やCMなどを中心に好調ですが、月9主演によって『ぶった切られるのでは』という声すらもありますね」(記者)

 今年は『コードブルー』のヒットで一時は復活の兆候も見えた月9だが、やはり「役者潰し」の印象は否めず……。せっかく順調にキャリアを積んできた長澤だが、ここで一気に「なかったことに」なんてこともあるのだろうか。

長澤まさみ「月9主演」も足を引っ張られる”要素”が多すぎ!? 「俳優つぶし枠」と化した放送枠、そしてあの「役者」のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!