NEW

有馬記念(G1)キタサンブラック「1枠1番」の可能性大!? JRA”忖度”で公開枠順抽選会が「武豊祭り」と化す理由

【この記事のキーワード】, ,

 というのも、1人でも多くのお客を呼んで馬券を売りたいJRAからすれば、北島三郎&武豊コンビのキタサンブラックは格好のアドバルーン。活躍すればするほど、普通の馬よりも効率よく大きな注目を集めることは間違いない。そのためならば、多少の”忖度”もあり得るのでは……という話だ。

 ちなみにこの段階で、本馬は1枠1番で4戦4勝の負けなし。優れたコーナーリング能力で、内枠の利を最大限に活かせるのが本馬の強みの1つでもあった。

 武豊騎手が選んだカプセルはキタサン「ブラック」の「B」。なお、このカプセルは最初のシャッフルの時点で1つだけ所定の場所に収まらなかった”曰く付き”のボールである。

「果たして1枠1番となるの……うおおおおおっと」と、中継を行うフジテレビの佐野瑞樹アナが言葉を言い終わらぬ内に悲鳴を上げる。「なんという運でしょうか!」という言葉と共に、武豊騎手によって開かれたのが「1枠1番」を示すテープだった。

「この瞬間、中継を見守っていたネット上の競馬ファンからは鳥肌……ではなく『白けた』という声が溢れ返りました。

『あり得んだろ』『これでキタサンが嫌いになった』『茶番』など、やはり6戦して4度目の1枠1番という結果に、ただの偶然とは思えない人が続出……。中には『JRAのパワープレイ』『この抽選自体が仕組まれたものでは』といった主催者側への疑念も聞かれました」(競馬ライター)

 大本命馬の絶好枠ゲットに、会場も大盛り上がり。誰もが「今年の有馬記念はキタサンブラックで仕方がない」と拍手を送る中、武豊騎手も思わず「まだまだ、枠順が決まっただけですから」と戸惑うシーンも……。同じく壇上にいた清水久詞調教師も「こんなこともあるんですねえ」と苦笑いする他なかった。

 武豊騎手としても、まさかこの何気ない一言が”不吉な予言”になってしまうとは、夢にも思わなかったに違いない。結果的にキタサンブラックは、有馬記念で初めて1枠1番で敗れることになるのだから――。

 あれから1年。今年の公開枠順抽選会でも、最も大きな注目を浴びるのは間違いなくキタサンブラック陣営だろう。

有馬記念(G1)キタサンブラック「1枠1番」の可能性大!? JRA”忖度”で公開枠順抽選会が「武豊祭り」と化す理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合