NEW

電通「はあちゅうセクハラ」騒動で次々飛び出す「性暴力」文化……はあちゅう氏の「行動」には批判も飛び出すが……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電通「はあちゅうセクハラ」騒動で次々飛び出す「性暴力」文化......はあちゅう氏の「行動」には批判も飛び出すが......の画像1

 17日、カリスマブロガー、作家で知られるはあちゅう氏が、広告代理店電通で働いていた時期に受けていたという苛烈なパワハラ、セクハラをニュースサイト「BuzzFeed News」内で告白。大きな騒動へと発展している。

 はあちゅう氏がセクハラ、パワハラを受けたというのが、電通でも指折りのクリエイターとして知られる岸勇希氏。かなりの注目を集めている人物で、経済アプリ「News Picks」で特集が組まれたほどである。

 その特集内で岸氏は多くの「名言」を残している。こんな騒動が明るみになった今では、少々薄ら寒いのだが……。

そこには「あくまで実務家にこだわって、自分が語れる、できる範囲を地道にひとつずつ増やしていきたい」「人間自分のためだとついえる気概も、人のためだとがんばれたりする」など精神面での言葉や、クリエイターとしての心構えなどが語られている。そして、同アプリ内でも有識者から絶賛されているのだ。

 ただ『「仕事が好きでしょうがない」「夢中からしかいいものが生まれない」と思っている人はたくさんいると思います。でも、今それを言えない空気が世の中に流れています。』とも語っているのだが、少なくともはあちゅう氏の告白を見るに、こんな環境では口にできるはずもないような……。

「有識者の間でも『私も電通からこんなパワハラを受けた』『こうした事実はもっと表に出るべき』『この告白がどれだけのインパクトを与えるのか気になる』など、さまざまな意見が出されています。

電通「はあちゅうセクハラ」騒動で次々飛び出す「性暴力」文化……はあちゅう氏の「行動」には批判も飛び出すが……のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!