NEW

JRA木幡育也騎手「宴会泥酔喫煙」の醜態情報入手……騎乗停止の大事も引退・平野優騎手ら先輩は止めないモラルのなさ?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA木幡育也騎手「宴会泥酔喫煙」の醜態情報入手......騎乗停止の大事も引退・平野優騎手ら先輩は止めないモラルのなさ?の画像1

 14日、日本中央競馬会競馬施行規程第147条第20号(競馬の公正確保について業務上の注意義務を負う者としてふさわしくない非行のあった者)により、騎乗停止となることが発表されたJRA木幡育也騎手。

 理由は「未成年の飲酒、喫煙」ということだが、9月にはJRA史上2例目のドーピング検査(薬物使用に関する検査)でひっかかり騎乗停止にもなっており、それから3カ月での失態ということでファンからは猛バッシングの雨あられである。

 兄の木幡初也(長男)、巧也(次男)も制裁の多さでよく槍玉にあがっており、父である初広と合わせて「木幡一族」に厳しい目が注がれている状況だが、育也はとりわけ悪目立ちしている。

 そんな育也の、この度の蛮行の「裏側」に関し、情報が入ってきた。

「今年で引退する平野優騎手の送別会で、飲酒、喫煙をして泥酔状態になった、ということらしいです。当然飲みの場ですので、流れで酒を口にしてしまった可能性もあるでしょう。ただ、周囲の先輩たちも特に止めなかったという情報も入っています。その情報が漏れて今回の騎乗停止につながったということですね。

若手騎手の中には非常識な人間も多いと聞きますが、注目を集めるプロとしての意識が本人も周囲も足りなかったということでしょうか」(現場記者)

 昨年も、当時未成年だった鮫島克駿騎手が宴会で未成年飲酒をして騎乗停止になった際、居合わせた浜中俊騎手や松田大作騎手が飲酒を止めなかったということで批判にさらされた。それとまったく同じ状況である。軽い気持ちだったのかもしれないが、大きな騒動に発展してしまった。

JRA木幡育也騎手「宴会泥酔喫煙」の醜態情報入手……騎乗停止の大事も引退・平野優騎手ら先輩は止めないモラルのなさ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!