NEW

パチンコ『シンフォギア』大暴騰で「圧勝」!? 新基準機「最高価格」で2017年を完全制覇!!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ『シンフォギア』大暴騰で「圧勝」!? 新基準機「最高価格」で2017年を完全制覇!!の画像1SANKYO HP」より

 2017年のパチンコ界において、ひときわ輝きを放つ台が存在する。

 それは8月に発売された『CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)だ。人気アニメとのタイアップ機。主流になりつつある一種二種混合機ということで、一部ファンから注目を浴びていた話題作である。

 しかし、導入時の販売台数は約10000台。約7万台とも言われる『CR北斗の拳7転生』(サミー)などのビックネームと比べれば、期待が薄かったことは間違いない。基本的には、少数のユーザーに遊技される機種と予想されていたのだが……。

 時間が経つごとに中毒者が続出。台数は少ないものの、現在でも高稼働を誇っている機種である。ネット上では「確実に打てる店を知りたい」「撤去されたらパチンコをやめる」という意見も挙がっている状況だ。

 そんな『シンフォギア』の中古機価格は、64万8187円という新基準機「最高価格」にまで上昇(12月20日現在)。

 新台時よりも「高い価格で流通している」「割安で流通している」というケースが多い中古機。その価格は「導入後の評価」とも表現できる。多くのホールに「営業貢献度が高い」と判断された機種は、当然ながら高い価格で流通することになるのだ。

 その価格は、評価に比例していると表現することが可能。『シンフォギア』が新基準機「最高価格」となった事実は、2017年に発売されたパチンコ機の頂点に立ったことを意味しているとも言えるだろう。

「当たれば必ず「最終決戦(期待度約51%)」へ入る点や、その先に待つ高確率11回の「シンフォギアチャンス(継続期待度約80%)」を絶賛する声が目立ちます。それだけではなく音楽や演出面のバランスなど、あらゆる面が評価されていますね。

パチンコ『シンフォギア』大暴騰で「圧勝」!? 新基準機「最高価格」で2017年を完全制覇!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!