NEW

パチスロ「5号機問題」以上の恐怖!? ホール倒産「急増」で「悪夢」の再来は確実か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「5号機問題」以上の恐怖!? ホール倒産「急増」で「悪夢」の再来は確実かの画像1

 未だ20兆円を超える市場規模を誇ってはいるが、右肩下がりの傾向が続いているパチンコ業界。平成28年のパチンコ・パチスロ参加人口(推計)は前年比130万人減の940万人と、参加人口は確実に減少している。

 また最盛期には約1万8000店を誇った店舗数も、2017年には店舗数が1万店を割ったことも明らかになった。ホール倒産件数は、ハイペースで進行している状況だ。

 企業信用調査などを手がける帝国データバンクが10月10日に発表した「パチンコホール経営業者の倒産動向調査(2017年1~9月)」によると、2017年の倒産件数は9月時点で16件と「3年ぶりに前年を上回るペース」だった様子。

 来年2月より出玉規制が強化されることを考えれば、「倒産が急増する」との声が上がることは自然なことだ。多くのユーザーが覚えている、あの”悪夢”が再来する可能性は極めて高いと言えるだろう。

「2004年以降に発生した5号機問題ですよね。射幸性の高さが問題視された4号機が撤去され、新基準となる5号機が導入され引き起こされました。強烈な出玉性能に麻痺していたユーザーに、当初の5号機は支持を得られませんでしたからね。結果として入れ替え費用を負担した上に、集客数が大幅に下がってしまったことで経営が困難になったホールが続出してしまいました。

 2005年は39件、2006年は54件、2007・08年には72件が倒産するなど、4号機撤去の影響は非常に大きかったですよね。過去最高の水準になったあの時代は、業界にとって最大の危機と言っても大袈裟ではありません。結果として5号機はAT機の登場などによって人気を取り戻すことに成功しましたが、出玉が大幅に規制される今回は厳しい印象ですね。アノ時を超える悪夢が訪れる可能性も……」(記者)

パチスロ「5号機問題」以上の恐怖!? ホール倒産「急増」で「悪夢」の再来は確実かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事