NEW

坂上忍が酷すぎる!あまりの「逆神」振りにファンも大激怒。1億円グランプリはクライマックスへ……

【この記事のキーワード】

, ,


 意外なのは同じエース機の「12号機」を手にした白井英治だ。ここまで2戦して3着と6着、特に22日の12レースは2号艇ながら制裁の欠く内容で最下位となり、多くのファンが唖然となった。24日の優勝戦に出場するためには23日のレースで1着が絶対条件。しかし22日の枠番抽選会では最悪の6号艇を引いてしまい、かなり厳しい状況になってしまった。現地では「モーター抽選で運を使い果たした」といった声もあるが、本人は周囲を寄せ付けぬ雰囲気もあったという。

 さらに王者松井繁も優勝戦へ進むためには明日のレースで1着が絶対条件だが、こちらも不利な6号艇を引いてしまい頭を痛めていることだろう。優勝戦当日は競馬のグランプリ有馬記念が行われ、友人の武豊騎手がキタサンブラックで勝利を目指す。しかし明日のレースで1着が取れなければ松井は優勝争いからは脱落してしまうのだ。ボートレースファンとして知られる武豊とは、レース前にお互いエールを交わしたことだろう。こちらも最後の意地を見せてもらいたいところである。

 「トライアル1stステージ」を勝ち上がってきた毒島誠は、得点率3位で完走さえすれば優勝戦への出場は確定的。同じく勝ち上がり組の菊地孝平は明日のレースで3位以内が条件だ。

 10年ぶりにグランプリ出場となった寺田祥は現在ギリギリ届かない7位。23日のレースで2着以内なら優勝戦への道が開けるので、渾身の走りを見せてくれるだろう。グランプリで活躍して「もう1台ランボルギーニを買う」と宣言していたが、明日のレースにすべてがかかっている。

 賞金ランキング上位6名にありながら「ハズレモーター」と呼ばれる「7号機」を引いた石野貴之も3着以内で優勝戦へ出場。2戦して5着2着と勝ちきれないものの、やはり今年最も活躍しだけに注目の選手だ。

 23日に行われる「トライアル2ndステージ」の組み合わせは以下の通り。優勝戦への出場をかけた最後の大激戦は必見だ。

■トライアル2ndステージ3日目(23日)

住之江11R

1 峰 竜太
2 菊地孝平
3 毒島 誠
4 井口佳典
5 原田幸哉
6 白井英治

住之江12R

1 桐生順平
2 石野貴之
3 寺田 祥
4 森高一真
5 茅原悠紀
6 松井 繁

坂上忍が酷すぎる!あまりの「逆神」振りにファンも大激怒。1億円グランプリはクライマックスへ……のページです。GJは、ボートレース・競輪、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!