NEW

JRAが有馬記念「超危険斜行」デムーロルメールをスルーで、蛯名正義「大怪我寸前」か……「キタサン祭忖度」の末に後味最悪

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAが有馬記念「超危険斜行」デムーロルメールをスルーで、蛯名正義「大怪我寸前」か......「キタサン祭忖度」の末に後味最悪の画像1

 24日に開催されたグランプリ・有馬記念(G1)。見事にキタサンブラックが引退の花道を飾る逃げ切り勝利で幕を閉じたが、2着以降では見逃せない「事件」が起きていた。

 最後の直線、キタサンブラックがギアを上げて後続を一気に突き放し独走状態に。残り200m時点で大勢は決した、と思ったファンも多いに違いない。そこから後続は熾烈な2着争いに突入していた。

 2番手のインコースではヤマカツエースが脱落し、シャケトラが粘る。そしてその外からクイーンズリング、トーセンビクトリー、サクラアンプルール、シュヴァルグラン、スワーヴリチャードが横並びで叩き合いとなっていた。残り200mを過ぎ、早めに仕掛けたトーセンビクトリーが垂れてきたあたりで「事件」は起きた。

「パトロールビデオを見ればわかりますが、外のスワーヴリチャードが内側に斜行し、最後には隣のシュヴァルグランにぶつかるで大きくヨレます。さらにインコースのクイーンズリングもやや外にヨレ、間のトーセンビクトリー、サクラアンプルール、シュヴァルグランの進路が明らかに狭くなる形に。

トーセンビクトリーはすでに脚を失っていましたが、サクラアンプルールはまだまだ手ごたえがある中ではじかれたシュヴァルグランに進路を塞がれ大きく後退。そのまま最下位に敗れてしまいました。

結局、インのクイーンズリングは2着、外のスワーヴリチャードは4着で着順に変更はありませんでした。C.ルメール騎手とM.デムーロ騎手というJRA所属の外国人コンビの『サンドイッチ妨害』に、多くの批判が集まっていますよ」(競馬記者)

 ファンの間でも「デムーロふざけるな」「ルメール前日もやらかしてるくせに」など厳しい声が後を絶たない。結局デムーロ騎手は年明け1月6日(土)から1月7日(日)まで2日間騎乗停止となり、ルメール騎手も戒告処分を受けたが「甘すぎる」との声もある。年末の大一番でとんだレースをしてしまったものだ。

JRAが有馬記念「超危険斜行」デムーロルメールをスルーで、蛯名正義「大怪我寸前」か……「キタサン祭忖度」の末に後味最悪のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!