NEW

JRA「大失敗」が現実に……有馬記念キタサンブラックの「余韻」に飲み込まれた新設G1ホープフルSにメディア関係者もお手上げ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 残念ながら、現状のホープフルSはメンバーの小粒感が否めない。例え、多少強い勝ち方をしても、勝ち馬を同じ2歳王者ダノンプレミアムを超えるような「2歳No.1」と評価する人は少数派だろう。

 JRAからすでに発表されている予定では、来年のホープフルSも有馬記念の5日後となる12月28日に開催される。初の試みとなった今年は率直に述べて、有馬記念の余韻に押し負ける形で、ある意味「想定通り」の微妙な結果となってしまっている。

 果たして、来年以降の”軌道修正”はあるのだろうか。これまで様々なG1競走を新設してきたJRAだが、ここまで盛り上がらずにG1レースの開催を迎えようとしているのは、残念ながら記憶にない。

JRA「大失敗」が現実に……有馬記念キタサンブラックの「余韻」に飲み込まれた新設G1ホープフルSにメディア関係者もお手上げ?のページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事