NEW

JRAホープフルS(G1)開催で関係者も疲弊……ブラック労働さながらの「年中開催」が美味しい人、美味しくない人

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

17japancup_fuchu17

 JRAが今年からスタートさせるG1ホープフルS(G1)が28日に開催。本サイトでは、これまで「年の締め」だった有馬記念後のG1開催にファンから苦言が多いと何度も報じてきた。

 ただどうやら、ブーイングを言いたいのはファンだけではないらしい。

 情報を得たところによれば、この「28日開催」に多くの関係者が憤っているとのことだ。

「トレセン内はブーイングの雨あられですよ。有馬記念が終われば、年明けの金杯まで束の間の休息……だったのが一瞬にして崩されたわけですからね。ある名門厩舎では、リーディング争いの兼ね合いから、これは好機と『来年の出走に向け調整すべき馬』とスタッフが考えていた馬も調教師の一存で出走になった、なんて話もあります。

『競走馬の出走機会確保』というのがこの開催の名目だったわけですが、なんとも本末転倒な……関係者のやる気にも大きくかかわりますよね」(現場記者)

 JRAとしても「売上UP」という点において新たな手法のひとつであるこの28日開催。同日には「ヤングジョッキーズシリーズ ファイナルラウンド」も開催されるなど、さまざまな手を打っている。しかし、ファンはともかく関係者がある意味「犠牲者」となっているのも事実ではあるようだ。

JRAホープフルS(G1)開催で関係者も疲弊……ブラック労働さながらの「年中開催」が美味しい人、美味しくない人のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!