NEW

パチンコ「38時間」ぶっ通しで打てる!? 三重県限定「オールナイト」営業に至った意外な経緯とは……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「38時間」夜通しぶっ通しで打てる!? 三重県限定「オールナイト」営業に至った意外な経緯とは......の画像1

 三重県で行われる、年末恒例のパチンコの風物詩「オールナイト」。ユーザーの中では有名なビックイベントとなっており、全国各地のパチンコファンが三重県へ大集結する。

 そんな年末の”一大イベント”が今年も開催される。特に今年は、来年2月から4時間での儲け額が上限5万円以下となる「6号機」開始の影響もあり、現在設置されている5号機の多くが撤去されるだろう。つまり、5号機機種が多く打てる「ラストチャンス」なのだ。

 そこで今回は、特別な意味合いも含まれるパチスロファンにとっての”総決算”オールナイトについてご紹介したい。

オールナイトとは?

 パチンコ店の営業時間は、東京都では10:00~22:45、神奈川県では9:00~22:45、開催地の三重県は少々長いが9:00~24:00と、全国的に見れば平均13時間前後が一般的だ。

 しかし、三重のオールナイトではその名の通り「夜通し」で営業が行われる。営業時間は店によって若干異なるが、12/31日の朝9前後に開店、閉店時間は翌日23時まで。通常の3倍以上に当たる「38時間」営業となっているのだ。また、この営業形態は三重県のほぼ全ての店舗で実施される。

 そこで疑問に感じるのが、「なぜ三重県だけがオールナイトをできるのか」だろう。それは、三重県の文化財「伊勢神宮」が大きく関係している。

パチンコ「38時間」ぶっ通しで打てる!? 三重県限定「オールナイト」営業に至った意外な経緯とは……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!