NEW

パチスロ新台「50%」でART「300G」オーバー!! 「GRT」に続く「爆裂性能」でサミー「勝ち組」確定か?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ新台「50%」でART「300G」オーバー!! 「GRT」に続く「爆裂性能」でサミー「勝ち組」確定か?の画像1サミーHP」より

 

 昨年11月、メーカー最大手サミーから発表された、新たな出玉増加システム「GRT」。発表直後から業界を震撼させ、未だ解明されていない新システムはファンの間で大きな話題を呼んだ。

 そしてその待望の「GRT」第一弾機種『パチスロコードギアス反逆のルルーシュR2』が今月9月に登場する。人気コンテンツと新システム「GRT」の融合に、熱い視線が送られているが……。

 注目を浴びているのはこの機種だけではない。

 そんな話題をかっさらう”注目メーカー”から2月、『パチスロ 戦場のヴァルキュリア』が導入される。人気ゲームとのコラボ、そして期待度高い出玉性能が大きなを関心を集めている。

『パチスロ 戦場のヴァルキュリア』(サミー)

■ボーナス合算確率:1/119.8(設定1)~1/88.4(設定6)
■出玉率:97.5%(設定1)~112.1%(設定6)
■ART:純増約1.5枚/G (ボーナス込み)

 本作は、シリーズ累計販売本数100万本以上を誇る人気シミュレーションRPG『戦場のヴァルキュリア』とのタイアップ機。今年3月には最新作が発売されるなど、人気RPGの1つだ。

 スペックは、ボーナス+ARTと馴染み深いゲーム性となっており、ボーナス確率は設定1でも破格の「1/119.8」と遊びやすさを追求している。

 そして本機最大の魅力が、ART 「ガリア戦記」開始時、必ず突入する「進撃RUSH」の上乗せ性能にある。平均上乗せは驚愕の100G以上と、まとまった出玉獲得が期待できるシステムだ。

 さらに、ART中の一部で突入する突破型ART「マーモット攻略戦」を3回クリアすることが出来れば、最高継続率98%を誇るART「最終決戦」に突入する。

 これらが絡み合うことによってART 「ガリア戦記」時の「2回に1回」は300G以上の継続が期待できる極上の仕上がりだ。

 遊びやすさだけではなく、強烈なART性能を提げた『パチスロ 戦場のヴァルキュリア』。サミーが送り出す話題の新システム「GRT」に続く新機種だけに、期待が高まるのは当然だろう。

 ただ、本機は、昨年10月開始されたリミッター搭載の「5.9号機」であることは言うまでもない。ART区間(抽選含む)は「最大1500G」となり、最大限の努力を払ったとしても「3000枚以下」で強制終了してしまう。そんな限りある出玉性能に、悲しみの声が絶えない。

 実際、昨年登場した5.9号機『戦国コレクション3』『ゴットイーター2』は投資額に対してのリターンが見合わず、ユーザーからは「打ってられない」「見返りに期待できない」などあまり評判が良いとはいえない。ひとえに、出玉リミッターの影響が大きい訳だが……。

 厳しい意見が相次ぐ5.9号機のなかでも、七匠から登場した『ブラックラグーン3』だけは、唯一の成功例ではないだろうか。MY2000枚突破率が脅威の「70%超」と出玉規制の限界を攻めたスペックが、好評を得た大きな理由の1つだ。

 そんな5.9号機でひと際存在感を放つ『ブラックラグーン3』と、今回登場する『パチスロ 戦場のヴァルキュリア』には、性能面で”ある類似点”があるようだ。

パチスロ新台「50%」でART「300G」オーバー!! 「GRT」に続く「爆裂性能」でサミー「勝ち組」確定か?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!