NEW

キタサンブラック全弟も「鞍上」は武豊騎手に決定! 武幸四郎厩舎で「豊×幸四郎」夢のタッグ結成もファンからは「不安」の声……

【この記事のキーワード】, ,
キタサンブラック全弟も「鞍上」は武豊騎手に決定! 武幸四郎厩舎で「豊×幸四郎」夢のタッグ結成もファンからは「不安」の声......の画像1

 昨年末の有馬記念(G1)で有終の美を飾り、2年連続の年度代表馬も濃厚となったキタサンブラックだが、早くもその全弟が話題を集めている。

 キタサンブラックにとって初の全弟となるシュガーハートの2017は、昨年7月のセレクトセールで彗星のごとく競馬界に現れた『DMMバヌーシー』(名義はDMMドリームクラブ)が1億9000万円で落札。先日、今年3月に新規開業予定の武幸四郎厩舎に入厩することが報じられた。

 これだけ注目を浴びる馬が、実績のない新人調教師に任されることは異例だが、武幸四郎調教師も「死ぬ気で頑張ります」と気合十分。

 DMMバヌーシーのプロモーションに登場した武幸四郎調教師は「(昨年の)セレクトセールの際に見て値段も凄いし、良い馬だなと思っていました」とファーストコンタクトの印象を語っている。ただ、その時はまさか自分が開業する厩舎に入厩するとは思っておらず、まさに青天の霹靂だったようだ。

 しかし、実際に手掛けることとなったのを受け「お兄さん(キタサンブラック)とは毛色も違いますし、タイプも少し違うかも。ただ走りそうな印象はある。身体のつくりがしっかりした良い馬です。キタサンブラックをイメージしながらも、あの馬自身に合わせてあげられれば」と早くもイメージを膨らませている様子だった。

 そうなると、やはり気になるのは「鞍上」だろう。キタサンブラックの全弟が武幸四郎厩舎に入厩するという時点で、やはり”あの人”しかいないだろうが……。

 武幸四郎調教師も「もし、兄貴じゃなかったら怒られるでしょう」と笑顔で兄の武豊騎手を指名。「出資される方も、おそらくそれ(武豊騎手が騎乗)を望まれている方が多いと思いますし」と前向きな姿勢を見せたものの、やはり実の兄に騎乗依頼をするというのは恥ずかしいようで「気持ち悪いですね」と苦笑いだった。

キタサンブラック全弟も「鞍上」は武豊騎手に決定! 武幸四郎厩舎で「豊×幸四郎」夢のタッグ結成もファンからは「不安」の声……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?